ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > めざせ!健康寿命日本一おおいた > 平成28年度「世界糖尿病デー」について

平成28年度「世界糖尿病デー」について

印刷用ページを表示する掲載日:2016年11月1日更新

平成24年国民健康・栄養調査の結果では、糖尿病が強く疑われる者(糖尿病有病者)は約950万人、糖尿病の可能性を否定できない者(糖尿病予備群)は約1,100万人と推計されています。大分県の糖尿病の総患者数も34,000人(平成26年患者調査)と推計され、増加傾向にあります。

糖尿病は、食生活、運動、飲酒、喫煙等の生活習慣を改善することで予防できます。毎年健診を受診し、健康管理を行いながら糖尿病を予防しましょう。

世界糖尿病デー

11月14日は世界糖尿病デー、またデーを含む1週間は全国糖尿病週間です。全国糖尿病週間の前後に県内で様々な取組を行います。

2

世界糖尿病デー記念講演会2016 in 大分   入場無料!

全国糖尿病週間の前後に県内で様々な取組を行いますので、ご紹介します。

世界糖尿病デー記念講演会2016 in 大分   入場無料!

 ◎日時: 平成28年11月23日(水曜日)

 ◎場所: ホルトホール大分3階 大会議室

 ◎内容: 知っちょんかえ? 健康寿命の延ばし方! 

                   眼と足を護ろう!

     特別講演1「糖尿病で足切断にならないために知っておいてほしい事」

                  北播磨総合医療センター形成外科主任医長

                               重症虚血肢センター長  藤井 美樹      

     特別講演2「糖尿病網膜症で失明しないために」 

                  大分大学医学部眼科学 教授 久保田 敏昭

     アトラクション「足の体操で元気アップ!」 一般社団法人さかしい大分 代表理事 伊藤千奈美 

 ◎申込締切: 平成28年11月11日(金曜日)

          記念講演会2016 in 大分 [PDFファイル/209KB]     

大分県内の糖尿病週間行事 

     糖尿病週間行事 [Wordファイル/21KB]

   11月14日は別府タワーをブルーにライトアップします! 


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください