ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大分県企業局 > PPP/PFI手法導入の優先的検討の結果について

PPP/PFI手法導入の優先的検討の結果について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年2月28日更新

PPP/PFI手法導入優先的検討とは

 平成29年3月に策定した「大分県PPP/PFI手法導入優先的検討規程」では、一定の規模以上の公共施設等の整備事業について、従来型手法に優先してPPP/PFI手法の導入を検討するルールを定めています。

   (大分県PPP/PFI手法導入優先的検討規程 [PDFファイル/1.35MB]

 この規定に基づき、検討した結果、PPP/PFI手法を導入しないと判断した事業を公表します。

検討結果

 芹川第一発電所及び芹川第二発電所リニューアル事業

(非導入理由)
 発電所リニューアル事業については、FIT制度(固定価格買取制度)を活用した設備改修となり、収入面では官と民で差が生じないうえ、発電所の管理運営には特殊なノウハウ等が必要になることから、多くの民間事業者の参加が見込めないため。


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください