ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > こころちゃんの部屋 > 大分県人権教育・啓発推進協議会

大分県人権教育・啓発推進協議会

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月27日更新
こころちゃん画像

◆ 啓推協の目的

 啓推協は、人権に関する教育や啓発を総合的、効果的に推進するために設置されました。

◆ 啓推協の構成

 啓推協は、大分県、市町村、国の機関、各種団体、報道機関の各団体で構成されています。

◆ 啓推協が行う事業

 啓推協では、以下のような活動を行っています。

 ◇人権研修講師の派遣
  74名の講師が皆様のご要望にお応えします。
 ◇企業・団体啓発リーダー養成講座の開催
 ◇人権問題研修講師フォローアップ研修の実施
 ◇人権啓発冊子の作成、配布
 ◇『啓推協だより』の発行
  など

◆ 今後の活動方針

 啓推協は今後、以下の方針で活動していきます。
 ◇ 啓推協が行う人権教育・啓発活動の充実 
 ◇ 県や市町村等が行う人権教育・啓発活動の支援
 ◇ 構成団体間の連携と協力の推進

◆ 設立の経緯

 啓推協は、以下のような経緯で設立されました。

 昭和57年 「大分県同和問題啓発推進協議会」を設置しました。
        ・設置の目的…同和問題の早期解決
        ・協議会の構成…県、市町村、国の機関
        ・協議会の活動…情報収集及び提供、教育及び啓発、調査及び研究等

 昭和62年 「同和問題に関する今後の啓発活動のあり方」を策定しました。

 平成 6年 協議会の構成員に各種団体、報道機関を加えて推進体制を強化しました。

 平成12年 人権教育・啓発の拠点としての役割が求められたため、今後のあり方を検討する検討委員会を設置しました。

 平成14年 「大分県同和問題啓発推進協議会」を「大分県人権教育・啓発推進協議会」に改称し、「今後の人権教育・啓発のあり方」を定めました。

お問い合わせはこちらへ

大分県人権教育・啓発推進協議会(啓推協)
《事務局》大分県生活環境部 人権・同和対策課

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください