ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 玖珠土木事務所 > 飯田高原中村線の通行止めについて(8月24日の状況)

飯田高原中村線の通行止めについて(8月24日の状況)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年8月26日更新

飯田高原中村線(河内付近)災害による全面通行止めのお知らせ

玖珠土木事務所では、今回の最大規模の崩落箇所であった新宇曽尾橋下流の土砂について、撤去をすすめています。

飯田高原中村線は後野上から飯田方面の通り抜けは出来ません。町道四季彩ロードもしくは別府一の宮線への迂回をお願いします。

玖珠土木事務所では7月2日より順次崩落土砂等の撤去を開始しております。崩壊箇所(1)」及び「崩壊箇所(3)」については、仮設防護柵の設置が完了しました。また、「崩壊箇所(2)」高さ130m延長130mの新宇曽尾橋下流の大崩壊箇所については、7月25日から作業に着手し、土砂等の搬出作業をすすめています。
一般開放につきましては、紅葉シーズンである10月中旬を目処に、片側交互通行できるよう努めております。今後も天候を見ながら、安全第一で作業をすすめてまいります。

主要地方道飯田高原中村線(県道40号)は、猪牟田入口~九酔渓までの間、災害のため全面通行止めとなっています。九重インターチェンジから九重夢大吊り橋や長者原に行かれる方は、町道四季彩ロードもしくは県道別府一の宮線(やまなみハイウエイ)に迂回してください。
迂回路

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください