ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 教育庁各課・所 > 社会教育課 > 子ども司書「青少年の家ブックキャンプ(第2回)」を実施しました!

子ども司書「青少年の家ブックキャンプ(第2回)」を実施しました!

印刷用ページを表示する掲載日:2017年8月14日更新

香々地青少年の家に「ブックルーム」が完成!!

 8月9日(水)10日(木)の両日、香々地青少年の家で第2回ブックキャンプを実施しました。(第1回は7月1~2日:九重青少年の家)

   今回のブックキャンプには、由布市・臼杵市・佐伯市・中津市・宇佐市から、8名の子ども司書とその家族、合わせて15名が参加。香々地青少年の家の2つの部屋を、それぞれ「海の本」「星の本」をテーマにしたブックルームに作り上げました。このブックルームには「海の本」「星の本」が100冊ほど並べられていて、本と一緒に泊まることができる特別な宿泊室となっています。

 ブックルームづくりの他、「子ども司書さくせん会議」「プラネタリウムと星空観察」「本をもって野外に出よう!」といったプログラムもあり、楽しい2日間となりました。

 ご家族でのブックルームへの宿泊をお待ちしています。申し込み方法等の詳細は、香々地青少年の家・九重青少年の家にお問い合わせください。

                         香々地青少年の家(Tel:0978-54-2096) 九重青少年の家(Tel:0973-79-3114)

<活動の様子>

ブックルームについて説明を受ける「子ども司書」たち テーマに合わせてイメージをふくらませて作業します

 ブックルームについて説明を受ける「子ども司書」たち     テーマに合わせてイメージをふくらませて作業します

「星の本」のコーナー  「海の本」のコーナー

         「星の本」のコーナー                  「海の本」のコーナー

「子ども司書」が紹介する本1 「子ども司書」が紹介する本2

「子ども司書」が紹介する本     

<大分県子ども司書とは>
 大分県教育委員会主催の「子ども司書養成講座」を受講した、読書が大好きな子どもたちです。学校や地域で読書の楽しさを伝える活動を行っています。
 平成28年度は、6市89人の小・中学生が受講し、「大分県子ども司書」に任命されています。