ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 教育庁各課・室 > 教育改革・企画課 > 「芯の通った学校組織」の取組 第1ステージ(平成24年度~28年度)

「芯の通った学校組織」の取組 第1ステージ(平成24年度~28年度)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年5月9日更新

子どもの力と意欲を高める「芯の通った学校組織」の確立に向けて(平成28年度:第5フェーズの取組方針)

県教育委員会では、平成24年度に「芯の通った学校組織」の構築に向けた取組を開始し、現在、「子どもの力と意欲の向上に向けた『芯の通った学校組織』活用推進プラン」に基づき、第4フェーズ、第5フェーズと取組を進めています。平成27年11月には「『教育県大分』の創造に向けた意見交換会」を開催し、第4フェーズにおける課題認識や今後の取組方針について市町村教育委員会と協議し、様々なご意見をいただいたところです。
これらを踏まえ、今般、第5フェーズのテーマである「子どもの力と意欲を高める『芯の通った学校組織』の確立」に向けて、「活用推進プラン」のうち「取組の徹底」、「一層の活用の推進」、「推進方策」の各項目の記載内容をベースとし、それぞれ第4フェーズまでの取組の進展や課題を踏まえ、追加的に手立てを講じるべき事項に重点を置きながら、第5フェーズにおいて取り組む事項を別添のとおり整理しました。

概要

一括

項目別

参考資料

目標協働達成モデル調査研究事業報告書(平成28年6月)

平成28年度市町村教育委員会学力向上等アクションプラン

第4フェーズまでの取組

1.子どもの力と意欲の向上に向けた「芯の通った学校組織」活用推進プラン(平成26年11月18日)

2.「目標達成に向けて組織的に取り組む『芯の通った学校組織』」推進プラン(平成24年度11月26日)

教育庁チャンネル(関連コンテンツ)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)