ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 教育庁各課・室 > 教育財務課 > 大分県教育情報化推進プラン2016

大分県教育情報化推進プラン2016

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月6日更新

策定にあたって

(1)策定の趣旨

県教育委員会は、平成25年度から平成27年度の3年にわたり、「教育情報化の推進による大分の将来を担う子どもたちの育成」を目的に、年度毎に「大分県教育情報化推進戦略」を策定し、本県の教育情報化を推進してきました。
今後、子どもたちが、更に大きな変化が予測される情報社会・グローバル社会を生き抜く上で、情報活用能力の育成がますます重要になってきます。
この度、今後10年を見据えた本県教育振興の羅針盤となる「大分県長期教育計画(『教育県大分』創造プラン2016)」が策定されました。
そこで、これまでの教育情報化の取組を検証するとともに、「大分県長期教育計画(『教育県大分』創造プラン2016)」の教育情報化に関わる部分を具体的に推進していくため、その中間年である平成31年度までの進行管理を行うアクションプランとして「大分県教育情報化推進プラン2016」(以下「推進プラン」という。)を策定し、市町村教育委員会及び関係機関との連携の下、総合的かつ計画的に取り組む方向性を示します。

(2)計画の期間

推進プランの期間は、平成28年度から平成31年度までの4年間とします。

(3)計画の構成

推進プランは、2章構成とし、第1章では、教育情報化に係る国の動向を含め、本県におけるこれまでの取組、成果と課題をまとめています。
第2章では、3つの基本方針とそれらに沿った10の施策を体系的に示した上で、施策ごとに「取組の方向性」と「具体的な取組」を掲げています。併せて、施策の進捗状況を客観的に把握するための「目標指標」を基本方針ごとに設定しています。

(4)計画の進行管理

推進プランの実行にあたっては、具体的な取組の進捗状況や目標指標の達成状況について、教育庁各課・室で構成する「教育情報化推進委員会」で定期的に点検・評価を行い、進行管理に努めます。
近年の情報通信技術(以下「ICT」という。)の分野は、技術革新の大きな変動の時期にあるため、教育情報化を推進する上では、取組の内容が時代の趨勢に合致したより効果的・効率的なものとなるよう常に意識しておく必要があります。このため、推進プランについては、国の動向や社会の変化を見据えながら適宜見直しを行うこととします。

策定にあたって[PDFファイル/127KB]

第1章現状と課題

1.策定の背景

  1. 国の動向
  2. 教育情報化の動向

2.県の現状と課題

  1. これまでの本県の取組
  2. 大分県教育情報化推進戦略の成果と課題

策定の背景、本件の現状と課題[PDFファイル/421KB]

第2章基本方針と施策

第1章の現状と課題を踏まえて教育情報化の更なる推進を図るため、推進プランの目的を「情報社会を主体的に生き、未来の大分を創造する子どもたちの育成」として次に掲げる3つの基本方針を設定し、これらの方針に沿った10の施策を計画的かつ総合的に推進します。

基本方針・体系図[PDFファイル/435KB]

基本方針1 子どもたちの情報活用能力の向上

子どもたちの情報活用能力を育成する上で、(1)情報活用の実践力、(2)情報の科学的な理解、(3)情報社会に参画する態度、の3つの観点が重要であり、相互に関連付けてバランスよく育成することが求められます。また、「情報活用能力」とは、必要な情報を主体的に収集・判断・処理・編集・創造・表現し、発信・伝達できる能力等とされています。
これらを踏まえ、子どもたちが情報社会を主体的に生きる力を育むために、各教科等のねらいに応じて、学習活動の中にICTを効果的に活用する場面を取り入れ、子どもたちの情報活用能力の向上を図ります。そのため、ICTを効果的に活用した授業改善等を通じて、教員のICT活用指導力の向上を図ります。
また、ICTの利便性だけではなく、情報化がもたらす問題点等を十分に理解し、子どもたちがICTを活用するための適切な判断力を身に付けさせるため、各教科及び道徳の学習や外部講師等による出前授業を通して情報モラル意識の涵養を図ります。

  1. 発達段階に応じた情報活用能力の育成
  2. ICTを効果的に活用した授業の推進
  3. 新たな価値を生み出す創造力の育成

基本方針1子供たちの情報活用能力の向上[PDFファイル/627KB]

基本方針2 教育の情報基盤の構築

基本方針1を踏まえ、子どもたちによる効果的な活用が期待されるタブレット端末や電子黒板を中心にICT環境の整備を進めていきます。
また、国の動向や他の自治体の先進事例等を情報提供することなどにより、市町村教育委員会によるICT環境の整備計画策定を促します。
さらに、情報セキュリティを強靭化した大分教育ネットワークの運用に努めます。

  1. ICT機器の整備とデジタルコンテンツの充実
  2. インターネットを利用した学習環境の構築
  3. 総合的な情報セキュリティ対策の実施
  4. 校務支援システムの充実

基本方針2教育の情報基盤の構築[PDFファイル/410KB]

基本方針3 教育情報化に向けた環境整備

教育情報化を組織的に推進するため、「大分県教育情報化推進本部」を中心とした教育情報化推進組織の定着を図るとともに、すべての学校において、学校CIOや情報化推進リーダーによる教育情報化に係る進捗管理や計画的な研修が行われるよう徹底を図ります。
また、学校のみならず、家庭や地域との協働による情報モラル意識の涵養に向けた啓発に努めるとともに、更に開かれた教育委員会をめざしてSNS等を活用した積極的な情報発信に努めます。

  1. 組織的な教育情報化の推進
  2. 学校・家庭・地域による情報化の推進
  3. 開かれた教育委員会のための情報発信の推進

基本方針3教育情報化に向けた環境整備[PDFファイル/450KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)