ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 教育機関等 > 教育センター > 適応指導教室「ポランの広場」とは?

適応指導教室「ポランの広場」とは?

印刷用ページを表示する掲載日:2018年6月4日更新

「ポランの広場」のねらい

  1. 子どもとの信頼関係を築き、子ども達の心を癒していく居場所づくりとする。
  2. 子どもの興味・関心のある活動を通して活動意欲を高め、自信を回復させる。
  3. 個別のかかわりや小集団の活動を通して、自我の成長を図り、自立心や社会性を育てる。
  4. 家庭や学校と連携し、子ども達の再登校の願いを実現させる。

「ポランの広場」に入級できる子ども

県内の小・中・高等学校に在籍し、主として心理的・情緒的理由で、不登校状態にある子どもを対象とする。

活動時間と活動内容

  • 活動日:週3回(月曜日・水曜日・金曜日)
  • 活動時間:9時30分~14時30分
  • 活動内容
    • 9時30分~9時45分朝の会
    • 9時45分~10時00分読書タイム
    • 10時00分~10時15分友愛タイム(仲間づくりの活動)
    • 10時15分~10時45分学習活動
    • 10時30分~12時00分月曜日:カウンセリング 水曜日:共同活動 金曜日:学習活動
    • 13時00分~13時30分自主活動
    • 13時30分~14時15分学習活動・ほっとタイム(友達との交流等)
    • 14時15分~14時30分帰りの会

その他

トップページへ戻る