ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 教育庁各課・室 > 教育財務課 > 「第7回教育情報化カンファレンスinおおいた」の開催報告

「第7回教育情報化カンファレンスinおおいた」の開催報告

印刷用ページを表示する掲載日:2018年10月5日更新

平成30年7月27日(金曜日)に実施した「第7回教育情報化カンファレンスinおおいた」の実施報告を公開します。

概要

情報社会の進展が目覚ましい今日、変化の激しい時代を生き抜く子どもたちには、生きる力として情報活用能力が求められている。

大分県教育委員会は平成24年度から、「未来に生きる子どもたちに必要な情報活用能力を考える」をテーマに、教育情報化カンファレンスを年に1回開催している。このカンファレンスは、県内外の教職員や教育委員会、企業、保護者など教育関係者が一堂に会し、「大分県の教育情報化はどうあるべきか」を考える場である。

今回は平成30年7月27日(金曜日)に大分市のホルトホールで開催し、教育に携わる関係者236名が参加した。現在のIT 技術(人工知能:AIやロボティクス等)の最新動向と今後求められる教育、情報セキュリティに関わる人材育成の必要性等について有識者に講演いただくとともに、県内外の学校現場での実践を紹介することで、これからの情報教育を考え、役立てる機会となることを目的とした。

開催案内ページ

講師・発表者のプロフィール紹介ページ

報告資料

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)