ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 教育庁各課・室 > 教育財務課 > 「第7回教育情報化カンファレンスinおおいた」開催のご案内

「第7回教育情報化カンファレンスinおおいた」開催のご案内

印刷用ページを表示する掲載日:2018年7月9日更新

チラシのイメージ画像情報社会の進展が目覚ましい今日、変化の激しい時代を生き抜く子どもたちには、生きる力として情報活用能力が求められています。
今回のカンファレンスは、教育に携わる関係者に向けて、「未来に生きる子どもたちに必要な情報活用能力を考える」をテーマに、現在のIT技術(人工知能:AIやロボティクス等)の最新動向やこれからの教育に求められること、情報セキュリティ対策の重要性、について有識者に講演いただきます。また、県内外の学校現場での実践を紹介することで、これからの情報教育を考え、役立てる機会となることを目的に開催します。

第7回教育情報化カンファレンスinおおいたのチラシ [PDFファイル/901KB]

日時

平成30年7月27日(金曜日)
 開場12時00分~
 開会13時00分~17時00分

定員

250名程度

席数に限りがあります。事前申込みが必要です。
申込みフォームにて必要事項を記入の上、お申込みください。

プログラム(時間は目安です。若干の変更もございます。)

時間内容
12時00分~受付開始
13時00分~開会挨拶
13時10分~講演1
講師:林 信行(ジャーナリスト)
テーマ:「テクノロジーとどう向き合うべき?AI時代に求められる教育」
内 容:
10年前に登場したスマートフォンやソーシャルメディアが世界を一変させた。今度はAIが生活や社会のあらゆる側面を激変させる。その未来では、これまで教えてきたことの多くは無価値になる。
一方で、これまで教育が軽視してきたものこそが重要になる。
これから社会はどう変貌するのか。その時代、教育は学生にどんな機会を与えるべきか。
新時代の教育でテクノロジーをどう活用すべきなのか答えのない問いを、事例を通して模索する。
14時10分~講演2
講師:園田 道夫(国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)ナショナルサイバートレーニングセンター長)
テーマ:「サイバーセキュリティの現状と人材育成」
内 容:サイバー攻撃は社会的に非常に厄介なものになってきています。攻撃はとても簡単で大きな効果を得ることができますが、防御は膨大な社会的コストをつぎ込んでも常に後手に回り完全には防げない状態です。こういう時代にセキュリティとしてどんなものが求められているのか、それに応えられる人材とはどんな人材なのか、この点について、実際に仕掛けている人材育成事業を紹介しながら論じていきたいと思います。
15時00分休憩(15分)
15時15分~実践発表
発表者1:佐藤 見竜(株式会社Ednity)
「これからの学校現場のデータ活用とテクノロジーの在り方」
発表者2:峯 和香奈(大分県立竹田支援学校 教諭)
「iPadで思いを伝えよう」
発表者3:佐伯 竜平(中津市立鶴居小学校 教諭)
「どうすればうまく動くかな? ~Ozobotを使ったプログラミング授業実践の紹介~」
16時15分~質疑応答
16時35分~子どもたちの発表
臼杵市立南中学校 生徒会
「わたしたちの学校づくり」
大分県立玖珠美山高等学校 農業クラブ
「甦れ!レンゲツツジの郷 Chapter4 」
17時00分閉会
講師・発表者のプロフィールを見る

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)