ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 入札・契約関連情報 > 入札・契約関連情報 > 教育財務課複写サービス等の提供業務に係る入札について

教育財務課複写サービス等の提供業務に係る入札について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年5月8日更新

                                公 告

 次のとおり一般競争入札に付するので公告する。

  令和元年5月8日
                                                                                 
                                                大分県知事  広 瀬 勝 貞   

1 競争入札に付する事項
 ⑴ 業 務 名     県立学校複写サービス等の提供業務
 ⑵ 履行場所    各県立学校
 ⑶ 契約期間    令和元年9月1日から令和6年8月31日まで
2 競争に参加する者に必要な資格に関する事項
    次の条件をすべて満たしている者
  ⑴  大分県が発注する電子複写機等による複写サービス等に係る契約を締結する場合の競争入札に参加する者に必要な資格(平成16年大分県告示第721号)に基づく入札参加資格を取得した者であること。
 ⑵ 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当しない者であること。
 ⑶ 自己又は自己の役員等が、次のいずれにも該当しない者であること及び次の各号に掲げる者が、その経営に実質的に関与していないこと。
  ア  暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団をいう。以下同じ。)
    イ  暴力団員(同法第2条第6号に規定する暴力団員をいう。以下同じ。)
    ウ  暴力団員が役員となっている事業者
    エ  暴力団員であることを知りながら、その者を雇用・使用している者
    オ  暴力団員であることを知りながら、その者と下請契約又は資材、原材料の購入契約等を締結している者
    カ  暴力団又は暴力団員に経済上の利益や便宜を供与している者
    キ  暴力団又は暴力団員と社会通念上ふさわしくない交際を有するなど社会的に非難される関係を有している者
    ク  暴力団又は暴力団員であることを知りながらこれらを利用している者
   なお、資格要件確認のため、大分県警察本部に照会する場合がある。
  ⑷  大分県教育庁教育財務課長に複合機機能証明書を提出し、各県立学校に配置する複合機が仕様書に定める基準に適合していることの確認を受けた者
3 契約条項を示す場所及び日時
 ⑴ 場所
    大分県庁舎別館 8階 図面閲覧室
    〒870-8503  大分市府内町3丁目10番1号
    電話 097-506-5465
 ⑵ 日時 
    令和元年5月8日(水)から同月22日(水)まで(日曜日及び土曜日を除く。)の午前8時30分から午後5時15分まで
4 入札説明書の閲覧場所及び日時
  上記3に同じ
5 入札書及び契約の手続において使用する言語及び通貨
 ⑴ 使用言語  日 本 語
 ⑵ 通  貨  日本国通貨
6 入札及び開札の日時及び場所
 ⑴ 日時 令和元年5月24日(金)午前10時30分
 ⑵ 場所  大分県大分市府内町3丁目10番1号 大分県庁舎別館8階 85会議室
 ⑶ 再度入札 
   開札をした場合において、落札者がいないときは、地方自治法施行令第167条の8第4項の規定により再度の入札を行う。この場合において、再度の入札は、直ちにその場で行うもとする。
7 入札保証金に関する事項
  大分契約事務規則(昭和39年大分県規則第22号)第20条第3項第2号の規定により入札保証金は免除とする。
8 契約保証金に関する事項
  契約価格(消費税及び地方消費税含む。)に1年間の複写等総見込回数を乗じた金額の100分の10以上の契約保証金を納付すること。納付した契約保証金は契約期間満了後、請求に基づき還付する。
   なお、次の場合は、契約保証金の全部又は一部の納付が免除される。
 ⑴ 保険会社との間に県を被保険者とする履行保証保険契約を締結したとき。
 ⑵ 過去2年間に国(公団を含む。)又は都道府県と種類及び規模をほぼ同じくする契約を数回以上にわたって締結するとともに、これらをすべて誠実に履行し、かつ、将来契約を履行しないこととなるおそれがないと認められるとき。
9 入札の無効
  大分県契約事務規則第27条に規定する事項のほか、次に掲げる事項のいずれかに該当する入札は無効とする。
  なお、無効入札をした者は、再度入札に参加することができない場合がある。
 ⑴ 金額の記載がないもの。
 ⑵ 入札に関する条件に違反したもの。
 ⑶ 入札書に入札者又はその代理人の記名がなく、入札者が判明できないとき。
10 落札者の決定の方法
  ⑴ 有効な入札書を提出した者で、大分県契約事務規則第23条の規定により作成された予定価格の範囲内の価格で、最低の価格をもって入札を行った者を落札者とする。
    なお、モノクロ等の区分ごとに最低の価格を入札した者が異なる場合は、区分ごとの入札価格に1年間の複写等総見込回数を乗じて得た金額の総額で最も低廉な者を落札者とする。
  ⑵ 落札となるべき同価の入札をした者が2人以上あるときは、直ちに当該入札者にくじを引かせて落札者を決定する。この場合、当該入札者がくじを引かないときは、本契約に関係のない職員に代わりにくじを引かせるものとする。
  ⑶ 落札しない場合は、再度入札を2回まで行う。
  ⑷ 3回の入札で落札者がいない場合、地方自治法施行令の規定に基づき、随意契約に移行する。
11 最低制限価格に関する事項
    設定しない。
12 契約に関する事務を担当する部局の名称
      大分県大分市府内町3丁目10番1号
      大分県教育庁教育財務課情報化推進班
       電話 097-506-5465
      FAX 097-506-1792
13 その他
 ⑴  この入札に係る契約は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第234条の3に規定する長期継続契約とする。この契約を締結した翌年度以降において、当該契約に係る歳入歳出予算の削減又は削除があった場合には、この契約を解除する。
 ⑵  その他の詳細は、入札説明書による。