ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 広報・広聴 > 報道発表 > 平成30年度「日本遺産」認定について

平成30年度「日本遺産」認定について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年5月24日更新

rogo 平成30年5月24日(木)、平成30年度「日本遺産」認定について、文化庁長官から発表がありました。大分県からは、豊後高田市・国東市が共同申請した、鬼が仏になった里「くにさき」が認定されました。県内からは、平成27年度に認定された日田市の「近世日本の教育遺産群-学ぶ心・礼節の本源-」(水戸市・足利市・備前市との共同申請)、同29年度に認定された中津市・玖珠町の「やばけい遊覧~大地に描いた山水絵巻の道をゆく」に続く3件目の日本遺産となります。

1 日本遺産とは? 
 地域において世代を超えて受け継がれている有形・無形の文化財を共通のストーリーの下にパッケージ化し、そのストーリーを我が国の文化・伝統を語るものとして文化庁が「日本遺産」に認定する制度です。
 平成27年度から始まり、魅力あふれる文化財を積極的に活用し、地域振興を図ることを目的としています。

2 豊後高田市・国東市の日本遺産

(1)タイトル 鬼が仏になった里「くにさき」

(2)ストーリーの概要
 
「くにさき」の寺には鬼がいる。一般に恐ろしいものの象徴である鬼だが、「くにさき」の鬼は人々に幸せを届けてくれる。
 おどろおどろしい岩峰の洞穴に棲む「鬼」は不思議な法力を持つとされ、鬼に憧れる僧侶達によって「仏(不動明王)」と重ねられていった。「くにさき」の岩峰につくられた寺院や岩屋を巡れば、様々な表情の鬼面や優しい不動明王と出会え、「くにさき」の鬼に祈る文化を体感できる。
 修正鬼会(しゅじょうおにえ)の晩、共に笑い、踊り、酒を酌み交わす―。「くにさき」では、人と鬼とが長年の友のように繋がれる。
tennenjiiwatoji
  赤鬼と黒鬼の演舞                 鬼と酒を酌み交わす村人
  天念寺修正鬼会(豊後高田市)          岩戸寺修正鬼会(国東市)

本件連絡先:文化課文化財班(電話:097-506-5498)