ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 教育庁各課・室 > 社会教育課 > 【中学生「ほんラブ」事業】 朝読書用セット本「ほんラブセット」が好評です!

【中学生「ほんラブ」事業】 朝読書用セット本「ほんラブセット」が好評です!

印刷用ページを表示する掲載日:2019年1月11日更新

大分県教育委員会では、読書が好きな中学生を育成する「中学生「ほんラブ」事業」を実施しています。

中学生「ほんラブ」事業とは

中学生に、もっと「本を好き(本Love)」になってもらうための読書推進事業です。

県内2校をモデル校として、読書が好きな中学生を増やすための3つの支援を行っています。

  1 学校図書館へのアドバイザー派遣

  2 朝読書用セット本の貸出(300タイトル)

  3 オーサービジット(作家の学校訪問)

【平成30年度モデル校】 日田市立南部中学校、豊後高田市立高田中学校

1 朝読書用「ほんラブセット」とは

中学校の読書活動を活性化させる支援の一つとして、県内のモデル中学校2校に、朝読書用のセット本「ほんラブセット」(300タイトル)を一年間貸出します。

本が苦手な中学生にも読みやすいように、映画の原作本や同世代の少年少女が活躍する本など、県立図書館の司書が工夫しておすすめの本を選びました。

 ほんラブセット リスト一覧 300タイトル(330冊)[PDFファイル/378KB]

1校12セットを送付  セット本の中身

【1校あたり12セットを貸出】     【セット本の中身を公開! 箱により入っている本は異なります】

2 「ほんラブセット」が学校に到着!

モデル校の1つである豊後高田市立高田中学校では、図書委員が1冊ずつ透明カバーをつけて、セット本の整備を行いました。

<豊後高田市立高田中学校 図書委員会の様子>

使い方を学校司書が説明  セット本を整理する生徒

【学校司書から説明を聞く図書委員】         【自分のクラスのセット本にカバーを掛けます】

図書委員イチオシの本  図書委員会でセット本の説明を聞く生徒  

【みんなに読んでもらえるよう、学級文庫として配置する本の中から、おすすめの本を選んで紹介を書きました】

3 「学級文庫」として配置することで読書がもっと身近に

セット本が導入されたモデル校では、さっそく学級文庫として活用されています。

<日田市立南部中学校での活用状況>

モデル校の日田市立南部中学校では、各クラスに1箱、セット本を配置し、セットを定期的に交換しながら活用しています。

本を自宅に持ち帰って読むことができるので、1箱(27~28冊)のセット本がこんなにも減ってしまいました。

セット本絶賛貸出中2  セット本絶賛貸出中  

セット本導入後、図書館の貸出冊数が月平均134冊増加し、前年度の1.4倍となりました。

「本屋みたいに面白い本がある」と好評で、身近に魅力的な本があると生徒も手に取ることがわかりました。

他にも、「セットの本を全部読破したい!」「セット本の続きの巻を図書館に買ってほしい」など、たくさんのうれしい反響がありました。

次年度、実施を希望する中学校は、ぜひお問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)