ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 教育庁各課・室 > 社会教育課 > 平成30年度 子ども司書養成講座<第2回全体研修>

平成30年度 子ども司書養成講座<第2回全体研修>

印刷用ページを表示する掲載日:2018年10月17日更新

 平成30年度子ども司書養成講座<第2回全体研修>を10月14日(日曜日)に、県立図書館で開催しました。
 子ども司書とは、学校や地域の図書館で、みんなに読書の楽しさを伝える「読書リーダー」のことです。子ども司書の講座を受けて、学校や図書館で実習することで認定されます。平成28年度は88名、平成29年度は83名が認定されています。今年度の講座には、県内12市町村から99名の小学生がエントリーしており年間10日間程度の講座を受講することで、「子ども司書」に認定される予定です。第2回の全体研修の内容は次のとおりです。

【A班スケジュール】 ※B班は修行(6)、修行(7)、修行(5)の順で実施

10時30分 修行(5) 「本の紹介カード(ポップ)をつくろう」 
            講師:Popインストラクター 片山 茂氏    (於)2・3研修室 
po1po4po2  

12時50分 修行(6) 「やってみようブックトーク!」
            講師:大分ブックトーク研究会 代表 首藤富久江氏    (於)6研修室
to1to2 

14時00分 修行(7) 「子ども司書作戦会議 ~学校に広げよう読書の輪~」    (於)5・6研修室
sa1sa3sa2  

14時40分 全体会 これからの活動について説明

14時55分 閉会・終了

【参加した子どもたちの感想】
修行(5) 「本の紹介カード(ポップ)をつくろう」
   ・説明文の書き方、絵と文字のバランスのとり方など、大変勉強になりました。
   ・難しかったけど、とてもきれいに仕上がった。市の図書館や学校の図書室で働くのが楽しみになった。
   ・どうしたら見やすいポップになるかを教えてもらった。これからの活動に役立てたい。

修行(6) 「やってみようブックトーク!」
   ・先生のブックトークに引き込まれた。
   ・ブックトークは難しいけど、先生のようにうまくできるようになりたい。

修行(7) 「子ども司書作戦会議 ~学校に広げよう読書の輪~」
   ・お互いの発表を聞いて、自分の学校での活動の参考にすることができた。
   ・他の市町村の子ども司書と交流ができたことがよかった。