ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 教育庁各課・室 > 特別支援教育課 > 特別支援学校キャリアステップアップ事業

特別支援学校キャリアステップアップ事業

印刷用ページを表示する掲載日:2018年10月23日更新

特別支援学校高等部卒業生が、チャレンジスタッフ(非常勤職員)として、県立学校で働いています。

希望進路である、企業への就職を目指し、日々の業務に取り組んでいます。

一日の業務スケジュール(例)※勤務校で異なります。

 勤務時間 9時00分~15時45分(6時間の勤務※休憩45分間)

時間

業務内容

9時00分

【始業】

○ミーティング(スケジュール確認、事務伝達等)

9時10分

○事務補助業務

 ・資料準備(印刷、綴じ込み 等)

 ・文書発送(封入、ラベル貼り 等)

12時15分

《休憩 45分間》

13時00分

○環境整備業務

 ・校舎内環境整備(清掃、ランチルーム片付け 等)

 ・校舎外環境整備(除草作業、グラウンド整備 等)

15時30分

○ミーティング(業務日誌等の記入、事務連絡 等)

15時45分

【終業】

チャレンジスタッフの声(実際に働いているみなさんに、質問をしました。)

質問1:仕事をするうえで、大切なことを教えてください。

○あいさつをすることだと思います。

○学校の職員としての規律やルールを守ることだと思います。

○職場の方とコミュニケーションをとることだと思います。

○目標を決めて頑張ることだと思います。

○休まないことだと思います。

質問2:今後の目標を教えてください。

○目標である企業での就労にむけて、言葉づかい、大きな声でのあいさつを特に意識して

仕事に取り組みたいです。

○企業での就労にむけて、ひとつひとつの仕事に真面目に取り組みたいです。

○将来の就労に向けて、何事にも一生懸命に頑張りたいです。

 

チャレンジスタッフとは?(Q&A)

 

質問1:どうすれば、チャレンジスタッフになれますか?

○選考試験(筆記・面接)を受験して、合格することが必要です。

質問2:誰でもチャレンジスタッフに応募できますか?

<応募資格は以下のとおりです> 

○特別支援学校高等部卒業生で、将来、企業での一般就労を目指している方

○療育手帳など障がい者手帳を所持している方

○交通機関の利用などにより、勤務場所へ通うことのできる方

○業務に関する簡易な指示書等の内容が理解できる方

○6時間45分(休憩時間含む)の屋外、室内での作業が可能な方

※申し込み書類は、県立特別支援学校または障がい者就業・生活支援センターで受け取ることができます。

 

質問3:選考試験はいつありますか?

○平成30年12月、平成31年2月に予定しています。

○定員は12名です。平成30年12月の試験で12名に到達した場合は、2月の試験はありません。

質問4:勤務場所はどこになりますか?

○1年目は特別支援学校での勤務です。

○県立特別支援学校(16校すべて)に希望を出すことができますが、  勤務地は教育委員会が決定します。

○2年目、3年目は高等学校での勤務です。

 

質問5:仕事中に困ったときはどうすれば良いですか?

○勤務校の担当者に相談できます。また、出身校や就労の専門家でサポートチームを結成して、「安定した勤務」、「企業への就労に向けたスキルアップ」、「企業への就労に向けたサポート」などを行います。

 

質問6:雇用期間、雇用形態はどうなっていますか?

○雇用期間は1年間です。(契約更新あり※最長3年間)

○非常勤職員として勤務します。

  ・月に20日、1日6時間の勤務

 ・9時~15時45分(45分間の休憩あり)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)