ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 教育庁各課・室 > 体育保健課 > 29豊後高田市「学校給食1日まるごと大分県」

29豊後高田市「学校給食1日まるごと大分県」

印刷用ページを表示する掲載日:2018年1月31日更新

豊後高田市学校給食センター

メニュー

手作り五目ごはん、牛乳、関サバフライ、冬野菜のかき玉汁、一食ソース

主な食材及び産地

  • 手作り五目ごはん:精白米・干し椎茸(豊後高田市)、冠地鶏・ごぼう(大分県)、 人参(北海道)、つきこんにゃく(群馬県(芋))
  • 牛乳:(大分県)
  • 関サバフライ:(大分県)
  • 冬野菜のかき玉汁:木綿豆腐(大分県(大豆))、白ねぎ・鶏卵(豊後高田市)、白菜(日田市)、玉ねぎ・人参(北海道)、大根(熊本県・長崎県)


野菜に関しては、地元産のものが成育中だったため、やむなく、にんじん・だいこん・玉ねぎは県外産のものを使用することとなりました。

毎月19日に実施している地元産食材をたくさん使用した「食育の日」と合わせ、佐賀関で水揚げされた「関サバ」のフライや、無償提供される鶏卵を取り入れた献立としました。

一口メモを作成し、配送校の全クラスに配布しました。また、学校栄養職員が所属校低学年を対象に給食時間に訪問し、指導を行いました。

手作り五目ごはんに地元産干し椎茸をたくさん使用しましたが、日頃椎茸が苦手な児童生徒もおいしく食べることができたようでした。関サバフライも大好評でした。「(鶏卵の)生産者の方にお礼を言いたいです。」(小学校)や、「県内でとれた食材が食べれるのは幸せです」(中学校)などの感想がありました。

手作り五目ごはん、牛乳、関サバフライ、冬野菜のかき玉汁、一食ソース