ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 教育庁各課・室 > 体育保健課 > 29県立「学校給食1日まるごと大分県」

29県立「学校給食1日まるごと大分県」

印刷用ページを表示する掲載日:2018年1月31日更新

大分県立別府支援学校

メニュー

麦ごはん、牛乳、鯖のカボス風味、きらす和え、トリニーラ汁、みかん

主な食材及び産地

  • 麦ごはん:米・押し麦(大分県)
  • 牛乳:(大分県)
  • 鯖のカボス風味:鯖・カボス(大分県)
  • きらす和え:おから・干し椎茸・にんじん・ねぎ(大分県)
  • トリニーラ汁:鶏肉・ニラ・白菜・ごぼう・さといも・大根・にんじん(大分県)、こんにゃく(由布市)、味噌(別府市)
  • みかん:(大分県)

大分県近海でとれた鯖に片栗粉をつけて油で揚げ、11月が旬のカボスを使った特製たれをからませました。香りがよく、さっぱりとした一品でした。きらす和えは大分県の郷土料理である「きらすまめし」を参考に考案しました。おからをいりこと昆布のだしで炊き、甘辛く煮たにんじんと椎茸を合わせて作りました。おからに馴染みがない子どもも、よく食べていました。大分トリニータを真似して名付けたトリニーラ汁は、鶏肉とニラの他にも季節の野菜や芋、こんにゃくを入れて具沢山の味噌汁にしました。県産のこんにゃくは、取り扱っている店舗数が少なく、値段が少し高価でした。1食単価はやや高くなりましたが、生徒も職員も食べ応えがあり好評でした。

麦ごはん、牛乳、さばのカボス風味、きらす和え、トリニーラ汁