ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 広報・広聴 > 報道発表 > 平成29年度「大分県子ども司書」認定式の開催について(平成30年2月25日)

平成29年度「大分県子ども司書」認定式の開催について(平成30年2月25日)

印刷用ページを表示する掲載日:2018年2月21日更新

              平成29年度「大分県子ども司書」認定式の開催について

                                        
                                                        平成29年 2月21日
                                                        大分県教育庁社会教育課

                                                                                
                                                                               
 このたび、「大分県子ども司書」第2期生(10市町村83人)の認定式を開催しますのでお知らせします。
 「大分県子ども司書」とは、県内の読書好きな小・中学生に対して、大分県教育委員会が認定する資格です。夏から秋にかけて開催した講座を受講した小学生が、認定を目指し、各地の学校や地域の図書館で読書の楽しさを伝える実習に取り組みました。県が主導しての全県的な「子ども司書」の育成は、全国でも例が少ない取組です。

 記

1 日時   平成30年2月25日(日) 10時30分~13時00分 

2 参加者   モデル実施10市町村の小学校3~6年生(今年度は小学生のみ)   83人
                 ※平成29年度:宇佐市・国東市・姫島村・大分市・臼杵市・由布市

              佐伯市・日田市・九重町・玖珠町
                                      
3 会場   大分県立図書館 2階 視聴覚ホール(大分市王子西町14番1号)

4 日程 
          10時30分~11時25分  子ども司書活動報告
          11時30分~12時10分  認定式
         12時10分~12時30分  交流会・昼食

子ども司書の認定について

【認定要件】 

 県や市町村で実施する研修や実習を受講し、学校や地域の図書館で子ども司書として活動を行なうことで、合計15単位以上習得する。(1単位1時間)

【任  期】  … 1年間(継続の場合あり)

【認定後】

 県や市町村(学校や図書館)の読書行事等への協力のほか、自ら読書を楽しみ、友だちや家族、地域の子どもへ読書の楽しさを伝える普及活動に取り組む。