ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 教育庁各課・所 > 社会教育課 > 「大分県子ども司書」88名が誕生しました

「大分県子ども司書」88名が誕生しました

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月28日更新

 平成29年2月26日(日曜日)、大分県立図書館において、「大分県子ども司書」認定式を行いました。

 「大分県子ども司書」とは、県内の読書が大好きな小・中学生に対して、今年度から新たに大分県教育委員会が認定する資格です。

 県内6市(中津市、宇佐市、杵築市、臼杵市、由布市、佐伯市)から、読書が大好きな小学生・中学生が集まり、年間を通じて県の全体研修や地域の公立図書館等で研修を積み、2月の認定を目指して、学校や地域の図書館で活動を行ってきました。

 認定式では、必要な認定単位を取得した88名の受講生が、「大分県子ども司書」の第1期生として認定されました。

 今後は、大分県の子ども読書リーダーとして、平成29年度の1年間、地域の図書館や学校で、読書の楽しさや大切さを伝える活動に取り組みます。

社会教育課長から認定証授与6市の代表が活動報告発表
社会教育課長から88名に認定証が手渡されました活動報告発表では、6市の代表が活動を報告しました
おそろいのTシャツの佐伯市子ども司書POPコンクール入賞作の表彰
おそろいのTシャツで活動発表する佐伯市子ども司書「子ども司書POPコンクール」入賞作の表彰も実施
子ども司書第1期生88名大分県子ども司書認定バッジ
大分県子ども司書 第1期生 88名が誕生大分県子ども司書認定バッジ

認定式 実施要項 [PDFファイル/100KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)