ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 教育庁各課・所 > 義務教育課 > 令和元年度 「社会に開かれた教育課程」の実現に向けた協議会を開催します

令和元年度 「社会に開かれた教育課程」の実現に向けた協議会を開催します

印刷用ページを表示する掲載日:2019年6月25日更新

令和元年度 「社会に開かれた教育課程」の実現に向けた協議会を実施しました

【1 目的】

 新学習指導要領において重視されている「社会に開かれた教育課程」の実現に向けた講義及び協議を通して、学校全体で組織的に取り組むカリキュラム・マネジメントの充実と児童生徒の資質・能力の向上を図る。

【2 期日】令和元年7月16日(火曜日)

【3 会場】 別府国際コンベンションセンター(B-Con Plaza)レセプションホール

【4 内容】

 (1)「新学習指導要領の趣旨に基づいたカリキュラム・マネジメント」

  講師:國學院大學人間開発学部初等教育学科教授 田村 学 氏

 (2)「学校全体で組織的に取り組むカリキュラム・マネジメント」

  講師:國學院大學人間開発学部初等教育学科教授 田村 学 氏

  単元配列表の例(小学校第5学年) [Excelファイル/75KB]

  単元配列表の例(中学校第1学年) [Excelファイル/838KB]

協議の様子1  協議の様子2


【参加者の感想等】

○カリキュラム・マネジメントについて、具体的な姿がイメージできるようになった。

○地域人材のデータベース化を進めたい。

○カリキュラム・マネジメントを推進する時間確保が難しいと思っていたが、いろいろなアイディアで改善できることが分かった。

○グループで出し合ったことを、学校に戻り早速使いたい。能動的な意識でカリキュラム・マネジメントに取り組むことができそう。

○「深い学び」について、具体例・図式化して伝えていただいたので、イメージがつかめた。

○資質・能力の育成に向けて、カリキュラム・マネジメントと授業改善を両輪で進めていくことが大切だと分かった。

○教育内容を組織的に配列する際の考え方について理解できた。本校で研修し共有したい。

○「やってみたい!」と意識を変えることができた。挑戦します!

○総合を核とした単元配列表は完成している。短期目標を加味してシンプルにしたい。

○他市の学校の課題や取組状況が共有できて参考になった。自校での実践につなげたい。

●「時間がとれない」「共通理解できない」等への対応を考えたい。