ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 教育庁各課・所 > 社会教育課 > 「大分県子ども司書ルリユール(製本)講座」を実施しました!

「大分県子ども司書ルリユール(製本)講座」を実施しました!

印刷用ページを表示する掲載日:2019年3月13日更新

製本家の先生に学んで、「世界に一つの読書手帳」を作ろう!

3月9日(土曜日)、大分県立図書館で、「大分県子ども司書ルリユール(製本)講座」を開催しました。

子ども司書認定者を中心に、午前と午後の部に分かれて、合計29名の小・中学生が参加しました。

 講師  製本家 ヒラヤマトモコ先生 (製本教室「1F右」主宰)

「世界の一つの読書手帳を作ろう!」をテーマに、文庫サイズの布製ハードカバー本を製作しました。 

製作時間は約3時間。 完成した本の中身は白紙です。

読書の記録や感想などを自由に綴ることができる、世界に一冊だけの本を製作することができました。

長時間でしたが、参加した子どもたちにはあっという間だったようです。

「楽しかった!また参加したい」、「本がもっと好きになった」、「物語を作ってこの本に書きたい」などの感想が寄せられました。

参加した子どもの中には毎月10冊以上本を読んでいるという人も多く、自分だけの本を製作する講座を通じて、本への愛着や関心がますます高まった一日となりました。

製本家ヒラヤマトモコ先生  題字

【製本家 ヒラヤマトモコ先生】         【午前・午後の2部で実施しました】

できあがった本  集まる子どもたち

【布製のハードカバー本を製本します】      【講師の説明を聞く子どもたち】

講座の様子  指導を受ける子どもたち 

【本の表紙をはずします】            【見返し紙を折って貼ります】

表紙を作る  講座の様子  

【だんだん表紙が出来てきました】        【布表紙を引っ張りながら貼ります】

本を締める  講座の様子

【本を締めて形を整えます】           【見返しに糊を入れます】

午前の部  午後の部

【世界に一つのすてきな本ができました! (左)午前の部 (右)午後の部のみなさん】 

大分県子ども司書とは>
大分県教育委員会主催の「子ども司書養成講座」を受講した、読書が大好きな子どもたちです。学校や地域で読書の楽しさを伝える活動を行っています。
 平成28年度から30年度で、268人が「大分県子ども司書」に任命されています。