ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 教育庁各課・所 > 社会教育課 > 「つくみ蔵」での小学生販売実習 ~津久見高校×津久見小学校~

「つくみ蔵」での小学生販売実習 ~津久見高校×津久見小学校~

印刷用ページを表示する掲載日:2019年10月28日更新

今年度、県社会教育課では、津久見市教育委員会と連携し、津久見小学校の子供たちが津久見高校の生徒たちと一緒に販売や接客などの体験活動を行う「つくみ蔵」体験学習を実施しています。

全6回のプログラムを通して学んだ接客マナーや広告作成などの学習成果を発揮する場として、10月26日~27日の津久見市ふるさと振興祭で販売実習を行いました。

両日とも秋晴れの絶好の天気の中、14名の小学生が津久見高校の生徒と一緒に、津久見高校のオリジナル商品や、すり身など地域の特産品を販売しました。

最初は緊張した様子だった小学生たちもすぐに慣れ、自分たちから試食や購入を多くの方々に勧めるなど、一生懸命に活動する様子が見られました。

この活動をとおして、自分たちの住む地域の産業などに目を向け、地域や自分の将来について考えるきっかけにしてほしいと思います。

「つくみ蔵」体験学習プログラム内容

実 施 期 日学 習 内 容
6月26日(水)

○オリエンテーション・つくみ蔵の商品を試食しよう

 ・あまなっつぱい、もじゃすけ、おからのお菓子、豆乳シフォンケーキなど

7月17日(水)

○接客マナーを学ぼう

 ・五大接客用語の練習

9月11日(水)

○商品のPOP広告を作ろう

 ・キャッチフレーズやパッケージデザインの作成

10月9日(水)

○ふるさと振興祭の準備をしよう

 ・販売計画、お客様への対応、用意するもの等の確認

10月26日(土)

  ~27日(日)

○ふるさと振興祭での販売活動に参加しよう

11月6日(水)

○活動のふりかえりをしよう

津久見市ふるさと振興祭「つくみ蔵ブース」での販売実習の様子

振興祭1 振興祭2

振興祭4 振興祭5 

振興祭6 振興祭3