ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 南部保健所ホームページ > 旅館業法に関する手続きについて

旅館業法に関する手続きについて

印刷用ページを表示する掲載日:2016年12月31日更新

旅館業法に基づいて新しく宿泊施設を経営するための手続きについて

  佐伯市内で、宿泊施設を経営するためには、事前に大分県南部保健所に開設許可申請書を提出し、保健所が行う検査に合格する必要があります。このたび、旅館業法に関する許可申請の手引書を作成しましたので、佐伯市内で宿泊施設の経営を考えている方は、一度ご覧ください。

 ホテル・旅館・簡易宿所を営業するためには、事前に水質汚濁防止法に関する届出書を提出する必要があります。水質汚濁防止法の届出書については、以下のリンク先をご覧ください。


営業許可を受けた後の手続きについて

 旅館業法の許可を受けて営業を開始した後に、構造等を変更した場合は、変更届出書等を提出する必要があります。

届出の種類

届出を必要とする場合

届出の期限  

様式    

Word

PDF  

変更届出書

(1) 宿泊施設の名称(お店の名前)を変更したとき
(2) 宿泊施設の住居表示が変更になったとき(※ 宿泊施設を移転させる場合は、新規の営業許可が必要になります。)
(3) 営業者が個人の場合、氏名・住所が変更になったとき
(※ 営業者が変わる場合は、新規の営業許可が必要になります。)
(4) 営業者が法人の場合、法人の名称、所在地、代表者の氏名が変更になったとき
(5) 宿泊施設の構造設備を変更したとき
(6)  「ホテル」「旅館」「簡易宿所」を営業している施設で、新たに下宿営業を行うとき

変更後、10日以内

旅館営業許可申請事項変更届 [Wordファイル/20KB]

旅館営業許可申請事項変更届 [PDFファイル/25KB]

廃止(停止)届出書

(1) 宿泊施設の営業を廃止するとき
(2) 宿泊施設の営業を期間を定めて休止するとき

変更後、10日以内

旅館営業廃止(停止)届出書 [Wordファイル/20KB]

旅館営業廃止(停止)届出書 [PDFファイル/25KB]



大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください