ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大分オレンジドクター(もの忘れ・認知症相談医)のページ > 大分オレンジドクター(もの忘れ・認知症相談医)

大分オレンジドクター(もの忘れ・認知症相談医)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年7月22日更新

 大分県では、認知症の早期診断・早期支援体制の充実を図るため、認知症医療の研修を修了した医師を「大分オレンジドクター(もの忘れ・認知症相談医)」として登録し、相談窓口とする取り組みを平成25年1月28日から開始ししています。
 「認知症」は脳の病気です。受診して、正しい治療を受ければ、症状を改善したり、進行を遅らせることもでき、原因によっては治ることもあります。
 ご本人やご家族の方で、もの忘れや認知症が気になったら、早めにお近くの大分オレンジドクターへご相談してください。

 相談にあたっては、原則、診察料がかかります。

 また、診療時間や診療内容等については、医療機関により異なりますので、受診する際には、医療機関へお問い合わせください。

○大分オレンジドクター 啓発リーフレット

 啓発リーフレット [PDFファイル/329KB]

○大分オレンジドクターの登録者…401名(平成28年6月現在)  (市町村別内訳)

 大分オレンジドクター市町村別登録状況(平成28年6月末) [PDFファイル/29KB]

○登録プレート
 大分オレンジドクターの所属する医療機関の受付や待合室に次の登録プレートが掲示されます。
  (登録プレート)

 登録プレート

○大分オレンジドクター(もの忘れ・認知症相談医)名簿
    大分オレンジドクターの医療機関名、所在地、氏名、電話番号を掲載しています。

 大分オレンジドクター名簿(一覧) [PDFファイル/210KB]

○大分オレンジドクターの名称について
  県及び市町村は、認知症を理解し、認知症の人や家族を温かく見守る「認知症サポーター」の養成を推進しており、認知症サポーターには「オレンジリング」を配布しています。オレンジは、認知症の人やその家族への応援カラーとして定着していることから、県では、もの忘れ・認知症相談医に「大分オレンジドクター」の名称を付して、相談窓口として広く周知します。 
  なお、本制度は、広島県で実施されている「もの忘れ・認知症相談医(オレンジドクター)」、及び本県由布市(由布物忘れネットワーク)で実施されている「オレンジドクター」の制度を参考として取り組むものです。

○問い合わせ先
 大分県福祉保健部 高齢者福祉課
    電話 097-506-2695
   大分県医師会事務局 保険課
  電話 097-532-9121

 


シンフロについてはここをクリックしてください