ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

育児を楽しもう

印刷用ページを表示する掲載日:2010年3月1日更新

 子どもには心からの愛情を注ぎましょう。何も難しいことはありません。笑顔で優しく抱っこしたり、優しい言葉で声かけをしたり、楽しく遊んだりすることでいいのです。

◎赤ちゃんの成長とパパの関わり方(個人差がありますので、あくまで目安です)

成長

赤ちゃんとパパのかかわり方

1~2か月

●手を口に持っていきしゃぶります。    おしゃぶり
●動くものをじっと見つめたり目で追います。
●声かけや音に反応します。
●睡眠は、だんだん昼は起きて夜寝るようになり、リズムが少しずつ決まっていきます。

●この時期の赤ちゃんは、反応が鈍いように見えても、お父さんやお母さんからの働きかけはしっかりと認識しています。
●抱っこやおむつ交換、ミルクを飲ませるときは必ず話しかけて下さい。
●しっかりと抱きしめたり、見つめたり、手を握ったり、くすぐったりといったスキンケアは赤ちゃんも大好きです。
※喜ぶからといって強く揺さぶらないよう注意して下さい。
         だっこ

3~4か月

●首が座ってきます。            はいはい
●腹ばいにすると頭と肩を持ち上げます。
●指しゃぶりをします。
●あやすと声を出して笑います。
●「アーアー」「ウーウー」などといった喃語を話し始めます。

5~6か月

●寝返りをします。            いないいないばー
●近くのものに手を伸ばしてつかんだりします。
●いないいないばーを喜びます。
●お父さんの声とお母さんの声を聞き分けるようになります。

●寝返りや、近くのものをつかもうとするなど、赤ちゃんの行動範囲は意外と広いものです。安全な場所に寝かせ付けるようにしましょう。
●たばこや小銭、電池等をなめたり飲み込んだりすると危険です。近くに置かないこと。
         危険な物は置かない

7~8か月

●ひとりですわれるようになります。なん語
●人見知りをするようになります。
●顔をふこうとすると嫌がります。
●昼夜の生活がはっきりしてきます。
●テレビなどの音に振り向くようになります。
●喃語が増えます。(バーバー、ダーダーなど)

●お父さんやお母さんの言葉は理解できなくても、雰囲気は伝わるものです。
意識して声をかけてみてください。
    声かけ

9~12か月

●ハイハイをするようになります。   つかまり立ち
●つかまり立ちをするようになります。
●身振りをまねるようになります。
●まわりの人の顔を覚えてきます。
●後追いをするようになります。
●ものを引っ張り出して遊ぶようになります。
●隠したものを探したりします。

●この頃の赤ちゃんが、後追いしたり甘えたりするのは、順調に成長している証拠です。うんと甘えさせてあげましょう。
●ハイハイが始まったら、階段、浴室、ベランダ、窓など家中の危険箇所の点検と対策をしっかりと。
        ひざの上にだっこ

1歳~1歳6か月

●つたい歩きをするようになります。
●大人の手につかまって歩くようになります。
●イヤイヤ・バイバイをするようになります。
●お父さんやお母さんを呼ぶようになります。
●ほめられると同じ動作を繰り返したりします。

●引き出しや戸棚を開けて物を出し入れして遊ぶのが好きな時期です。すぐに「ダメ」とたしなめるのではなく、危険なものは片付けるようにして自由に遊ばせてください。
●この時期は自我意識が目覚め、なにごとにも自分を主張し、物を投げたり、かみついたりします。怒ってやめさせようとしたり、なだめたりするよりもおさまるのを待つか、気をそらしてあげましょう。抱きしめてあげることも大切です。
       抱きしめる

●歩くのが上手になります。      歩く
●積み木を二つ重ねるようになります。
●なぐり書きをします。
●困ったことがあると助けを求めたりします。
●身振り・表情をまねたりします。
●「ワンワン」等の意味のある言葉を話したりします。


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください