ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 歴史博物館 > 展示案内 > 企画展・特別展 > 令和元年度特別展 来豊者-彼らが見たおおいた-

令和元年度特別展 来豊者-彼らが見たおおいた-

印刷用ページを表示する掲載日:2019年9月13日更新

概要

 今秋、大分県はラグビーワールドカップ2019日本大会の会場となります。開催期間中には、国内外を問わず多くの人びとがおおいたを訪れることが予想されます。古くは「豊前」「豊後」などと称したおおいたを訪れることを「来豊」ということがあります。今秋のおおいたはまさに、多くの「来豊者」を迎え入れるわけです。
 本展は、かつての「来豊者」がおおいたをどう見たのかといったことに注目するものです。彼らの視点を通して、おおいたの歴史や文化、自然を見つめなおします。おおいたの魅力の再発見、もしくは新発見につながることを期待しています。
頼山陽 耶馬渓図巻(部分)[竹下本](個人蔵)
白鞘入剣【国指定重要文化財】(宇佐神宮所蔵)(提供:九州国立博物館、撮影:山崎信一)※崎の右上「大」は本来「立」ですが、機種依存文字のため、代替文字としております。ご了承ください。
《写真》
・頼山陽 耶馬渓図巻(部分)[竹下本]/個人
・白鞘入剣【国指定重要文化財】/宇佐神宮(九州国立博物館写真提供、山崎信一撮影)
 ※崎の右上「大」は本来「立」の形ですが、機種依存文字のため、代替文字としております。ご了承ください。

主要展示資料

・頼山陽 耶馬渓図巻(部分)[竹下本]/個人
・白鞘入剣【国指定重要文化財】/宇佐神宮
・伊能忠敬測量日記【国宝】/伊能忠敬記念館
・田能村竹田 曲渓複嶺図【国指定重要文化財】/大分市美術館
・遊行上人絵伝【国指定重要文化財】/永福寺

会期

令和元年9月27日(金曜日)~11月10日(日曜日)
開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)※9月27日は11時開館
休館日  毎週月曜日(祝日・振替休日の場合はその直後の平日)
     (10月14日開館、翌15日休館、11月4日開館、翌5日休館)

会場

大分県立歴史博物館 第1・第2企画展示室

主催

大分県立歴史博物館、大分合同新聞社

共催

大分県

後援

NHK大分放送局・OBS大分放送・TOSテレビ大分・OAB大分朝日放送・J:COM大分ケーブルテレコム・エフエム大分・NOAS FM・西日本新聞社

助成

芸術文化振興基金助成事業

記念講演会

・日時:令和元年10月13日(日曜日) 午後1時30分~午後3時30分
・会場:大分県立歴史博物館 講堂
・講師:花本哲志氏(頼山陽史跡資料館 主任学芸員)
・備考:事前申し込み不要、聴講無料

関連講座

・日時:第1回 10月19日(土曜日)午後1時30分~午後3時00分
    第2回 11月2日(土曜日)午後1時30分~午後3時00分
・講師:第1回 古賀道夫(当館学芸調査課長)
    第2回 村上博秋(当館主幹研究員)
・場所:大分県立歴史博物館講堂
・備考:事前申し込み不要、聴講は無料

ギャラリートーク

・日時:10月6日(日曜日)、10月24日(木曜日) いずれも午後1時30分~午後14時30分
・会場:大分県立歴史博物館第1・第2企画展示室
・備考:観覧料が必要
    記念講演会、関連講座等の開催時にも実施します。

観覧料

一般:個人510円(460円)、団体360円(360円) 
   高・大学生:個人310円(200円)、団体200円(200円) 
※(  )内は前売券料金
※団体は、20名以上
※中学生以下および土曜日の高校生の観覧は無料
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳のいずれかをお持ちの方とその付添いの方1名は無料

前売券販売所

大分県立歴史博物館、中津文化協会(中津文化会館)、宇佐市観光協会、トキハ別府店、トキハ会館、大分県職員消費生活協同組合