ページの先頭です。
トップページ > 他産業からの農業参入~大分県で農業に挑戦しませんか > 大分県の魅力

大分県の魅力

印刷用ページを表示する 更新日:2013年7月26日更新

変化に富んだ豊かな自然環境

 瀬戸内海に面した、「温暖な気候」

 平坦地から山間地域(900m)の標高差を活かした農業の展開の可能性が広がります。

<< 各地の気候 >>

地域特徴
北部(中津市北部、宇佐市、豊後高田市、国東市、姫島村)夏季の晴天が多い。
中部(大分市、別府市、杵築市、日出町)積雪はほとんどない。
南部(臼杵市、津久見市、佐伯市)県内でもっとも温暖。無霜地域が多い。
西部(中津市南部、日田市、竹田市、玖珠郡、由布市、豊後大野市)降水量が豊富。夏期冷涼地域が含まれる。

豊かな水源

 緑あふれる山々から流れ出る水流は清冽で豊かな水資源をもたらしています。
 

高速道路網の整備

 高速道路網の建設が進み、大消費地への物流が一層スムーズとなりました 。
広域図での大分県
高速道路の写真

世界農業遺産に認定

「クヌギ林とため池がつなぐ国東半島・宇佐地域の農林水産循環」が世界農業遺産に認定(平成25年5月30日)されました。
 これにより、日本一の生産量を誇る原木乾シイタケの地域ブランド力の強化や、この地域で生産される商品に付加価値が付与される等の効果が期待されています。
クヌギ林とほだ場

前のページに戻る このページの先頭へ