ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 消費者安全    > 「月収50万円なんてコピペするだけで簡単に稼げます」などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に関する注意喚起

「月収50万円なんてコピペするだけで簡単に稼げます」などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に関する注意喚起

印刷用ページを表示する掲載日:2018年5月2日更新

消費者庁が調査の結果、消費者の皆様へ注意を呼びかけています

 平成29年7月以降、「15分のコピペ作業で最低月収50万円!」(注)、「月収50万円なんてコピペするだけで簡単に稼げます!」などとうたう事業者に関する相談が全国の消費生活センター等に数多く寄せられています。

 消費者庁と東京都が合同で調査を行ったところ、「株式会社イメージ」との取引において、消費者の利益を不当に害するおそれのある行為(虚偽・誇大な広告・表示、不実告知及び断定的判断の提供)が確認されたため、消費者庁では、消費者安全法に基づき、消費者の皆様に注意を呼びかけています。 

[注]コピペ・・・コピーアンドペーストの略称。コンピュータ等を使用し、他の文章や画像から一部分の写しを取り、別の場所に貼り付けること。

事業者の概要

・名 称  株式会社イメージ(法人番号 1013301039606)
・所在地  東京都渋谷区幡ヶ谷三丁目39 番12 号 渋谷ウェストビル1階
・代表者  吉田 夏記(ウェブサイトの表示は「吉田 夏樹」)

※同名又は類似名の事業者と間違えないようご注意ください。

具体的な事例の概要

1 「イメージ」社は、インターネット上に開設したウェブサイトにおいて勧誘します。
 「15分のコピペ作業で最低月収50万円!」
 「月収50万円なんてコピペするだけで簡単に稼げます!」
 「最低3万円キャッシュバック!」
 「簡単に稼げる!完全コピペビジネス」
 などと記載し、コピーアンドペーストをするだけで簡単にお金が稼げるとうたい、消費者を勧誘します。

2 「イメージ」社は、コピペビジネス紹介の初期費用として、5,000円から17,000円を消費者に支払わせます。さらに、「再生回数が上がっている動画をつなぎ合わせて、それをYouTube に投稿するだけで確実に稼げます。」などと説明したうえで、動画編集ソフトの使用やサポートを受けることができるとして10万円から130万円の有料コースに入るよう執ように勧誘し、高額な料金を支払わせます。

3 「イメージ」社が消費者に提供している動画編集ツールは、YouTube に公開されている動画を加工し、YouTube に投稿することができますが、YouTube の再生回数は個々の閲覧者の判断に依存するため、誰もが簡単に稼げるような仕組みにはなっていません。

合同調査によって確認された事実

1 「イメージ」社の所在地は、バーチャルオフィス(貸し事務所)で、バーチャルオフィスに届いた郵便物は、他のビルの一室に転送されていました。

2 「イメージ」社のウェブサイトには、「15分のコピペ作業で最低月収50万円!」、「知ってる人は100%稼いでいます!」などと記載されていましたが、代表者への事情聴取から、このような事実はなく、虚偽表示をしていたことが判明しました。

3 同ウェブサイトには、「78歳の〇〇さんもYouTube で簡単に稼いでいらっしゃいます。」と記載されていましたが、代表者への事情聴取から、この人物の設定は架空のものであることが判明しました。

4 YouTube を運営する米国のYouTube LLC によれば、ダウンロードが許可されていない動画をダウンロードする行為はYouTube の利用規約に違反するとのことです。

5 「イメージ」社以外にも、インターネットビジネスに関する消費者からの相談は数多く寄せられており、今後、別の事業者が今回の事案と同様の手口で消費者被害を引き起こす蓋然性が高いと考えられます。

消費者の皆様へのアドバイス

1 インターネット上には、誰でも簡単に稼げるかのような表現を用いて、収益を得るために必要と称して費用を支払わせる業者が数多く存在します。このような表現をうのみにして、費用を支払ったものの、想定していた収益が得られなかったなどとする相談が数多く寄せられています。

2 「誰でも簡単に稼げる」といった説明があれば、まずは疑い、甘い言葉に決してだまされないでください。契約をする前に冷静に考えましょう。

3 取引に関して不審な点があった場合は、お金を支払う前に、消費生活相談窓口(消費者ホットライン電話番号188)や警察(電話番号#9110)に相談しましょう。消費生活センター等では、消費者から相談を受け、トラブル解決のための助言や必要に応じてあっせんを無料で行っています。

消費者庁からの注意喚起の詳細につきましては、下記の消費者庁ホームページからご確認ください。