ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 消費者安全 > 令和2年度「子どもの事故防止週間」

令和2年度「子どもの事故防止週間」

印刷用ページを表示する掲載日:2020年7月20日更新

消費者庁では、7月8日、子どもの事故防止週間の実施について公表するとともに、子どもの事故防止週間に関連して家の中の事故に関する注意喚起を公表しました。

◎令和2年度「子どもの事故防止週間」を7月20日から実施します

  「子供の事故防止に関する関係府省庁連絡会議」の取組として、「子どもの事故防止週間」を、以下のとおり実施いたします。令和2年度は、主に家の中の子どもの事故を防ぐための注意の呼び掛けを、インターネット(ツイッター、メールマガジン、フェイスブックを含む)、ポスターなどを通して集中的に行います。

1.実施期間:令和2年7月20日(月曜日)から7月26日(日曜日)まで

2.実施主体:子供の事故防止に関する関係府省庁連絡会議 構成府省庁
内閣府、警察庁、消費者庁、総務省消防庁、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、海上保安庁(事務局:消費者庁消費者安全課)

3.テーマ(周知・啓発メッセージ):「家の中の事故に気を付けましょう」

    https://www.caa.go.jp/notice/entry/020535/

◎家の中の事故に気を付けましょう! 令和2年4月から5月末までの緊急事態宣言等による外出自粛要請期間中に発生した、家の中での14歳以下の子どもの事故またはヒヤリ・ハットについて、消費者庁でアンケート調査を実施しました。

[調査結果のポイント]

◆24%の方が家の中の事故またはヒヤリ・ハットの経験あり

◆事故内容については「落ちる」事故が最も多く、中でも階段が多い

◆発生場所については台所、リビング、階段の順に多く発生

 子どもの動きは予測がつかない上に、ずっと目を離さないでいるのも困難です。事故を防ぎ、万が一何かが起きたときでも危害を最小限にできるよう、今回御紹介した事例と対策を参考にして、子どもの目線に立って、家の中の家具・家電の置き場所等、危険な場所・物をもう一度見直してみましょう。

    https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/caution/caution_035/


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください