ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 消費者安全    > 高病原性鳥インフルエンザについて

高病原性鳥インフルエンザについて

印刷用ページを表示する掲載日:2018年1月16日更新

高病原性鳥インフルエンザについて

今冬、初めての高病原性鳥インフルエンザが確認されました。

鳥インフルエンザの原因となっているウイルスがヒトの細胞に入り込むための受容体は、

鳥の受容体とは異なり、また、ウイルスは酸に弱く、胃酸で不活化されると考えられています。

さらに、家きん類で発生が確認された場合には、本病に感染した鶏等が市場に出回ることが

ないようにする家畜防疫上の措置に加え、通常の公衆衛生の観点から殺菌・消毒等の衛生管理が

流通の各段階で実施されていることから、国内においては、鳥の肉や卵を食べることにより

鳥インフルエンザ(ウイルス)がヒトに感染する可能性はないと考えられています。

根拠のないうわさなどにより混乱したりせず、正確な情報に基づいて冷静に対応しましょう。

         188

鶏肉・鶏卵は「安全」です。

内閣府食品安全委員会は、以下の意見を示しています。

○鶏肉・鶏卵の安全性について

 わが国の現状においては、鶏肉や鶏卵を食べることにより、高病原性鳥インフルエンザが

人に感染する可能性は、以下の理由から、無いものと考えています。

  • 酸に弱く、胃酸で不活性化されると考えられること
  • ヒトの細胞に入り込むための受容体は、鳥のものとは異なること
  • 通常の加熱調理で容易に死滅するので、加熱すればさらに安全

鶏肉・鶏卵の安全性に関する考え方(食品安全委員会)

関連情報へのリンク