ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 消費者安全    > チケット転売の仲介サイト「viagogo」に関する注意喚起

チケット転売の仲介サイト「viagogo」に関する注意喚起

印刷用ページを表示する掲載日:2019年9月25日更新

興行主によるイベントの公式サイトと思い込んでこのイベントのチケットを購入

 平成30年9月以降、「viagogo」というウェブサイトを興行主によるイベントの公式サイトと思い込んでこのイベントのチケットを購入しようとしたところ、「購入完了までの残り時間が表示されたため、早くしないとチケットを入手できなくなると思い込み、急いでチケットを購入してしまった。」、「後で転売サイトだと気付き、キャンセルを求めたが、応じてもらえなかった。」といった相談が、各地の消費生活センターや独立行政法人国民生活センター越境消費者センター(Ccj1)等に数多く寄せられています。
消費者庁と熊本市が合同で調査を行ったところ、「viagogo Ag」(以下「viagogo」といいます。)が運営管理する「viagogo」というチケット転売の仲介サイト(以下「本件ウェブサイト」といいます。)において、消費者の自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがある行為(虚偽・誇大な広告・表示及び不実告知)を確認したため、消費者安全法(平成21年法律第50号)第38条第1項の規定に基づき、消費者被害の発生または拡大の防止に役立てる情報を公表し、消費者の皆さんに注意を呼びかけています。

※消費者庁からの注意喚起の詳細については、下記の消費者庁ホームページからご確認ください。


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください