ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 先哲史料館 > 展示のご案内 > 本年度の展示 > 秋季企画展及び国際シンポジウムのお知らせ

秋季企画展及び国際シンポジウムのお知らせ

印刷用ページを表示する掲載日:2019年8月22日更新

秋季企画展「大分のキリスト教史」及び
マレガ・プロジェクト国際シンポジウムのお知らせ (予告) 

 豊後国は、大友義鎮(宗麟)がキリスト教を信仰したこともあり、16世紀の九州における
キリスト教の拠点となりました。また、 臼杵藩の古文書を中心とするバチカン図書館所蔵
のマリオ・マレガ収集文書も調査・研究が進められています。(マレガ・プロジェクト) 
 今回の展示では、大分におけるキリスト教の歴史とその特色とともに、プロジェクトの成
果を紹介いたします。
 秋季企画展及び国際シンポジウムの詳細につきましては、下記のチラシをご参照ください。
なお、国際シンポジウムへの参加は、事前申し込みが必要です。9月21日(土)から受付
いたします。 (定員になり次第、受付を終了いたします。)

令和元年度 秋季企画展示 チラシ [PDFファイル/4.98MB]

マレガ・プロジェクト 国際シンポジウム チラシ [PDFファイル/295KB]

  新しい情報ができましたら、このホームページで随時お知らせいたしますので、
ご期待ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)