ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

乾しいたけの品柄

印刷用ページを表示する掲載日:2010年1月20日更新

どんこ(冬◎)

どんこ寒いときにゆっくり成長した肉厚の乾しいたけです。歯ごたえがあり、煮ても炒めておいしい。

傘の開き具合は、半開き(5~6分開き)程度で、丸形で肉質の厚い状態で採取乾燥したもの。

主に、11月下旬~2月頃の低温で湿度の低い時期に収穫されることから「どんこ(冬◎)」と呼ばれる。


◆うまさの引き立つ料理◆
中華炒め、肉詰め揚げ、鍋物、鉄板焼き、茶碗蒸し

こうこ(香◎)

こうこどんこに比べ、肉厚大型の乾しいたけで、大分の代表的品柄として贈答用に喜ばれています。ボリューム感があり、バーベキューなどにぴったり。刻んで洋風煮込みにも。

冬◎と香信の中間的品柄。

傘の開き具合は、6~7分開きで厚肉でボリュームのある状態で採取乾燥したもの。


◆うまさの引き立つ料理◆
照り焼き、バーベキュー、しいたけステーキ、グラタン、シチュー

こうしん(香信)

こうしんしいたけが薄いのですぐもどり、何かと便利。スライスやみじん切りにして料理するものによくあいます。

傘の開き具合が、7~8分開きの状態で採取乾燥したもの。

傘が全開し、反りかえった状態になると香信バレ葉と呼ばれる。


◆うまさの引き立つ料理◆
照り焼き、バーベキュー、しいたけステーキ、グラタン、シチュー

  • ◎は、草冠に姑


シンフロについてはここをクリックしてください