ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新時代おおいたのページ > 特集2 みんなですすめる健康寿命日本一の大分県

特集2 みんなですすめる健康寿命日本一の大分県

印刷用ページを表示する掲載日:2015年10月1日更新

長生きだけど、健康は少し不安?大分県の平均寿命と健康寿命

 本県は男女共に、全国10位内の長寿県でありながら、健康上に問題がない状態で日常生活を送ることができる健康寿命は30位台、平均寿命から健康寿命を差し引いた期間は40位台となっています。

 健康な身体は、生涯の宝物です。県では、県民一人ひとりはもちろん、社会全体で「健康で活力あふれる大分県」を築くため、今年度から、10 月を「みんなで延ばそう健康寿命」推進月間と定めて普及啓発を強化するなど、健康寿命を延ばすためのさまざまな取組を行っています。

 健康寿命の統計

生活習慣の改善を!3つのスローガン

 生活習慣病は、日本人の死因の約6割を占める恐ろしい病気です。

 県では、平成23年度に実施した県民健康づくり実態調査の結果をもとに、生活習慣病を予防するための3つの改善点をスローガンとして掲げています。

乱れた生活習慣と生活習慣病

★減塩マイナス3g

 塩分の摂りすぎは、高血圧から動脈硬化、さらには心筋梗塞や腎臓病などにつながります。これらの病気の予防が期待できる1日3gの減塩を目指しましょう。

★野菜摂取350g

 ビタミンやミネラル、食物繊維など栄養豊富な野菜は、肥満を防ぎ、身体の調子を整えてくれます。目安は小皿5皿分です。朝1皿、昼と夜に2皿の野菜が入った料理を食べましょう。
野菜のイラスト

★歩数プラス1500歩

 体力や運動機能、若さを保つためには、無理なく軽い運動を続けることが効果的です。1日あと1500歩(約15 分間、1km程度)歩くように心がけましょう。

 運動のイラスト

健康づくりのための2つの重点プロジェクト 

★ 「健康経営事業所」拡大中!

 県では、従業員みんなで健康づくりに取り組み、会社全体を元気にする「健康経営事業所」を認定、応援しています。

【認定に必要な取組】

1 健康診断受診を勧め、詳しい検査が必要な人への対応を行う

2 事業所全体の健康リスクの把握や周知など、事業主が率先して 健康づくりを推める

3 敷地内禁煙などの受動喫煙対策を行う

4 従業員に健康づくりに関する情報を定期的にお知らせする

5 スポーツイベントへの参加など事業所ぐるみで健康づくりに取り組む

 認定に向けた取組を行う事業所を、随時募集しています。詳しくは、ホームページをご覧ください。

 

★旨い!上手い!美味い!「うま塩プロジェクト」

 「うま塩プロジェクト」は、「旨み」を持つ食材を「上手く」活用した塩分控えめの「美味い」食事の普及を進める取組です。

 例えば、乾しいたけやいりこなどのだしの旨み、かぼすの香りや酸味、わさびや唐辛子といった香辛料、乳製品やごまのコクを加えるなどの工夫で物足りなさを補い、美味しい減塩を目指します。

うま塩プロジェクト

 ≪うま塩レシピ≫

 別府大学の皆さんと県が連携して作成しました。

 からあげや味噌汁など身近な10のメニューを提案しています。

◎うま塩ハンバーグ

タレのしょうゆを減らし、かぼすの酸味や玉ねぎの甘みを加えます。

塩分量は通常の約半分に!

【材料(2人分)】

牛・豚ひき肉…各70g、玉ねぎ…40g、塩…0.6g、パン粉…大さじ2、卵…2/5個

こしょう・ナツメグ…少々、おろししょうが…小さじ2、油…適量

《タレ》

清酒、みりん、水、おろし玉ねぎ 

濃口しょうゆ…小さじ2/3、かぼす果汁…小さじ2

【作り方】

ひき肉にみじん切りにした玉ねぎと塩を加えてこね、Aを入れてさらにこねる。粘り気が出てきたら、形を整える。

フライパンに油を引き、強火で焼く。肉の周りの色が変わってきたら裏返して蓋をし、弱~中火で3~5分焼く。

Bを鍋に入れてひと煮立ちしたら、濃口しょうゆを加えて煮立たせ、かぼす果汁を入れて、タレを仕上げる。

焼けたハンバーグにタレをかけて完成。

※その他のレシピはホームページで紹介しています。

 「健康経営事業所」を訪ねました

~従業員の健康は会社の大切な財産~

進育夫さん

 竹田の豊かな水により、新鮮で高品質なもやしを製造している九州ジージーシー株式会社大分工場。健康づくりに力を入れるきっかけになったのは、インフルエンザの流行でした。「人手不足で危うくシフトが回らなくなるほどでした」と、工場長の進さんは言います。

 以来、従業員全員のインフルエンザの予防接種や健康診断の全員受診、産業医に相談しやすい環境づくり、講師を招いての禁煙講習会、ソフトボール大会への参加など、さまざまな健康づくりを行っています。こうした取組により、普段の業務の中でも怪我の発生が減るなど、従業員の意識や安全衛生の向上、職場環境の改善につながっているそうです。

 進さんは、「従業員が健康でなければ会社は成り立ちません。大分県一の健康づくりの会社を目指したいですね」と力強く語ってくれました。


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください