ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 食の安全・安心のひろば > 食品表示安全モニターについて

食品表示安全モニターについて

印刷用ページを表示する掲載日:2013年1月15日更新

平成24年度食品表示安全モニターの活動結果について

 大分県では、平成22年度から、消費者や生産者、大学などの食の安全・安心に関心の高い団体に「食品表示安全モニター」を委託しています。
 モニター活動では、小売店や直販所などで購入した食品に、残留農薬や食品添加物などが基準値を超えて含まれていないかなどの調査を行っています。
 これらの活動により、不適正な事例が確認された場合は、製造者や販売者などに対して、県による行政指導が行われます。

 平成24年度は、7団体に活動いただき、食品に含まれる放射性物質、残留農薬、抗生物質、防かび剤、保存料を調査し、いずれも未検出または検出されても基準値未満で、不適正な食品はありませんでした。


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください