ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

化学物質による食中毒について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年9月3日更新

化学物質による食中毒の発生状況

 食品に本来含まれていない有害な化学物質を摂取することによって発生する食中毒です。
 化学物質の例として、重金属、農薬、食品添加物等による食中毒などがあります。

ヒスタミンによる食中毒が発生しました

 県内で、ヒスタミンによる食中毒が発生しました。
 ヒスタミン食中毒とは、ヒスタミンが多く蓄積された魚介類やその加工品を喫食した場合に
生じるアレルギー様の食中毒です。
 ヒスタミンの食中毒を防ぐために、以下の点に気をつけましょう。

○ 魚を生のまま保存する場合は、すみやかに冷蔵、冷凍すること

○ 解凍や加工においては、魚の低温管理を徹底すること

○ 鮮度が低下した魚は使用しないこと 調理時に加熱しても分解されません

○ 信頼できる業者から原材料を仕入れるなど、適切な温度管理がされている原料を使用すること

ヒスタミン注意喚起リーフレット [PDFファイル/624KB]