ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 社会教育 > 青少年の健全育成 > 子どもの読書活動 > 第2回中学校ビブリオバトル大分県大会が開催されました

第2回中学校ビブリオバトル大分県大会が開催されました

印刷用ページを表示する掲載日:2017年11月20日更新
平成29年11月5日、第2回中学校ビブリオバトル大分県大会が開催されました。

    日時・場所  平成29年11月5日(日曜日) 大分県立図書館

             【予選】 13時30分~14時30分 (1階 研修室)

             【決勝】 14時30分~15時40分 (2階 視聴覚ホール)

ビブリオバトルとは

「ビブリオバトル」とは、決められた時間内で本の魅力を紹介しあう書評ゲームです。

【ビブリオバトルのルール】

 1 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる。

 2 順番に一人5分間で本を紹介する。

 3 それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う。

 4 すべての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員で行い、最多票を集めたものを『チャンプ本』とする。

 (「知的書評合戦ビブリオバトル公式ウェブサイト」より)

第2回中学校ビブリオバトル大分県大会 結果報告

     今年で2回目となる中学校大会では、各市町村から、前年度を大きく上回る18名がバトラーとして出場し、聴衆の前で本の魅力を熱く語りました。

    【予選の様子】 4組に分けて予選を行いました。どのバトラーも、本への思いが伝わるすばらしい発表でした。

    バトラー紹介  順番におすすめの本を紹介 

    観衆の投票によりチャンプ本を決定  バトラーの発表

     【決勝の様子】 

    各予選の代表5名がホールの大観衆の前で発表しました。

    高校生に劣らぬ情熱あふれる発表に、ホールの大観衆が聞き入りました。

    バトラーの発表  バトラーの発表

    本を紹介するバトラー  バトラーの発表

    バトラーの発表  会場からも熱い質問が飛び交います

    バトラーの熱弁に答えて、観衆からも熱い質問が飛び交い、会場は大いに盛り上がりました。

    決勝出場者  多くの観衆が発表に聞き入りました

     120名を越える聴衆の投票の結果、 大津 泰人さん (大分県立豊府中学校)が紹介した『怪物はささやく』(パトリック・ネス/著)が、見事チャンプ本に輝きました。

     最後の記念撮影では、惜しくもチャンプ本にならなかった中学生バトラーのみなさんの健闘をたたえて、会場から大きな拍手がおくられました。

     優勝者の大津さんは、大分県の代表として、読売新聞社主管の全国大会(3月28日上智大学で開催)へ出場します。

    中学生ビブリオバトル大会表彰  中学校ビブリオバトル大会出場者記念写真 

    【中学生大会 表彰者・表彰本】  

     氏名学校名書名著者名出版社
    中学優勝大津 泰人県立大分豊府中学校怪物はささやくパトリック・ネスあすなろ書房
    準優勝幸野 心温大分市立大東中学校ディズニー ありがとうの神様が教えてくれたこと鎌田 洋ソフトバンククリエイティブ
    第三位佐藤 智世別府市立青山中学校心霊探偵八雲Another Files 亡霊の願い神永 学角川書店
    第三位町谷 紅音日田市立戸山中学校烏に単は似合わない阿部智里文藝春社
    第三位永野 惇和向陽中学校三日間の幸福三秋 縋角川書店
    入賞古門 美羽宇佐市立北部中学校コーヒーが冷めないうちに川口 俊和サンマーク出版
    入賞野々下 玄司郎佐伯市立直川中学校空想オルガン初野 晴角川書店
    入賞三浦 日菜子佐伯市立昭和中学校博士の愛した数式小川洋子新潮社