ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 社会教育 > 青少年の健全育成 > 子どもの科学体験 > 平成30年度少年少女科学体験スペースO-Laboのオープニング講座について

平成30年度少年少女科学体験スペースO-Laboのオープニング講座について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年7月3日更新

平成30年度の少女科学体験スペースO-Laboの講座が、6月23日土曜日から始まりました!
今年度も科学体験講座や科学展示など、様々な企画を準備しています。
皆さんのたくさんのご参加をお待ちしています!
※講座情報や講座の申し込みについて→O-Laboホームページ
※講座の様子について→O-Laboフェイスブック

オーラボ入り口

(1)平成30年度 O-Laboオープニングセレモニー

平成30年度の「少年少女科学体験スペースO-Labo」の開催にあたり、大分県教育庁 後藤榮一教育次長があいさつを行いました。さぁ、いよいよO-Labo科学体験講座のスタートです!! 

オープニングあいさつ1オープニングあいさつ2

(2)オープニング講座「空気の力」講師:大分大学名誉教授 軸丸勇士先生

 空気の力でボーリング球をもちあげよう空気の力で机を持ち上げよう

オープニングセレモニーの後は、いよいよ科学体験講座の始まりです。
今年度のオープニング講座は、大分大学名誉教授の軸丸先生による「空気の力」です。
空気の力による空き缶つぶしや空気の流れを利用した発泡スチロールの浮遊マジックなど、たくさんの実験が行われました。
中でも盛り上がったのは、掃除機を使ったボーリング球の浮遊実験です。
約5kgのボーリングの球が筒の中をふわふわっと浮いたとき、子ども達から「わ~っ!」「すごーいっ!」と大歓声が上がりました。
また、講座中も「次はどうなるの?」「それは、○○だからじゃないの?」など、子ども達が予想をし、考えながら実験を見る姿がたくさん見られました。