ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「協育」ネットワーク

印刷用ページを表示する掲載日:2016年12月1日更新

 「地域全体で子どもを育てるまちづくり」を目指し、学校・家庭・地域がそれぞれの役割と責任を持ち、連携・協力して子どもに関わる教育の協働(「協育」)を推進する「協育」ネットワークづくりに取り組んでいます。平成28年12月1日現在、大分県内には131の「協育」ネットワークが構築されています。 

<「協育」とは>

   「協働して育てる」という意味の造語。県では「学校、家庭、地域が連携して、それぞれの教育機能を補完・融合し、協働して子どもを育てていくこと」と位置づけています。

<「協育」ネットワークの基本的な枠組>

(1)公民館等を中心に学校、家庭、地域の教育の協働に係る関係者による会議等を組織していること。
(2)学校、家庭、地域の教育の協働をコーディネートする人材が配置されていること。
(3)中学校区程度の一定地域を範囲としているネットワークであること。
(4)学校支援活動、体験活動の機会提供、安全・安心な地域づくり等の具体的な教育の協働による活動を継続的に行っていること。

<これまでの取組について> 

1 国の動き

○平成18年12月  教育基本法の改正
第13条「学校、家庭及び地域住民等の相互の連携協力」
○平成20年6月  社会教育法の改正 
第3条「社会教育が学校、家庭及び地域住民等の相互の連携協力の促進に資することとなるよう努めること」
○平成25年6月  第2期教育振興基本計画の策定教育行政の4つの基本的方向性…「4.絆づくりと活用あるコミュニティの形成」
○平成27年12月  中央教育審議会答申
「新しい時代の教育や地方創生の実現に向けた学校と地域の連携・協働の在り方と今後の推進方策について」
○平成28年1月  「次世代の学校・地域」創生プラン

2 県の動き

○平成17年3月  「おおいた教育の日条例」の制定  
○平成18年11月  大分県社会教育委員会議答申   
「地域社会の協働による子どもの健全育成の方策について」
○平成19年2月  「地域協育振興プラン」の策定
「協育」ネットワークの構築
○平成20年3月  大分県社会教育委員会議建議      
「教育の協働を推進する拠点としての役割を果たすための公民館運営の在り方」
○平成22年9月   大分県社会教育委員会議答申      
  「子どもの『生きる力』をはぐくむ学校教育と社会教育の協働の在り方について」
○平成27年3月  大分県社会教育委員会議建議       
「『協育』ネットワークの充実を図るための社会教育行政の推進」

<27年度の取組について>

1 地域「協育力」向上支援事業

○県の主な取組

(1)「協育」コーディネーター等研修会の開催(年2回)
(2)家庭教育支援員等研修会の開催(年6回)
(3)家庭教育支援プログラム集の作成

○市町村の主な取組

(1)学校支援活動

11市町村57本部、支援対象校:中学校61、小学校148、幼稚園等23

(2)家庭教育支援活動

9市町村39部会、支援対象校:中学校31、小学校88、幼稚園等50

2 放課後・土曜学習支援事業

○県の主な取組
(1)「協育」ネットワーク支援者研修会の開催(年2回)

○市町村の主な取組
(1)放課後チャレンジ教室(平成26年度~)
17市町村171教室、支援対象校:中学校17、小学校164、幼稚園等2
(2)土曜教室(平成26年度~)
14市町村117教室、支援対象校:中学校29、小学校129、幼稚園等15

<地域との連携を推進する担当教職員の配置状況について>

 年度181920212223 24 25262728
公立小学校38%68%87%93%95%97%99%100%100%100%100%
公立中学校36%62%87%92%94%96%98%99%100%100%100%

 <「協育」ネットワークを構築するための主な取組>

学校支援地域本部(平成20年度~)・コーディネーターが学校の求めに応じて、学習支援や登下校時の安全指導、部活動支援等に地域人材を派遣

放課後子ども教室(平成19年度~平成25年度)・放課後等に小学校等を活用して、地域住民との交流・体験活動等を実施

学びの教室(平成21年度~平成25年度)・放課後等に小学校等を活用して、地域住民による国語、算数(数学)、英語の学習支援を実施

○家庭教育(保護者)への支援活動(平成26年度~)
・中学校区を基本として公民館等に家庭教育支援部会を設置し、「学習機会の提供」「情報提供」「親子イベントの開催」「寄り添い支援」を実施

放課後チャレンジ教室(平成26年度~)
・「協育」ネットワークの構築をさらに進め、放課後等に小学校等を活用して、地域住民による補充学習や体験活動等を実施

土曜教室(平成26年度~)
・子どもたちにとってより豊かな土曜日の環境となるよう、保護者や地域の多様な経験や技能を持つ人材・企業等による補充学習や多様な教養講座、体験活動等を体系的継続的に実施

【参考資料】
○ 地域協育振興プラン
○ 「協育」ネットワークを活用した総合的な子ども支援 [PDFファイル/378KB]
○ 家庭教育支援部会 [PDFファイル/296KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)