ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 社会教育 > 青少年の健全育成 > 「協育」ネットワーク > 「協育」ネットワークの充実を 図るための社会教育行政の推進(建議)

「協育」ネットワークの充実を 図るための社会教育行政の推進(建議)

印刷用ページを表示する掲載日:2015年11月20日更新

 本県の現状を踏まえた「教育の協働」のさらなる推進方策を提言いただくため、社会教育委員会議では1年半にわたり全体会や専門部会での審議を重ね、平成27年1月15日に山崎清男委員長から建議がなされました。

 本県では、地域力の向上を担う地域住民の学習活動の促進とそれを推進する「協育」
ネットワークの構築を進めています。そのために、学習成果を適切に生かす社会の実現
のための環境づくりや地域課題の解決に資するネットワーク型行政の推進等に取り組ん
でいます。今回の建議では地域教育と6つの領域(学校教育、子育て・家庭教育支援、高齢者福祉、産業・経済、文化振興・社会体育、地域振興)との連携による地域・行政課題の解決方策や、今後の「協育」ネットワーク事業のあり方やその充実・深化を図るための社会教育行政の推進について提言をいただいております。

第1章 「協育」ネットワーク事業の意義と展開 
 第1節 「協育」ネットワーク事業の必要性
 第2節 「協育」ネットワーク事業の現状
 第3節 「協育」ネットワーク事業の実施と関係者の評価
第2章 「協育」ネットワークを基盤にした地域の教育力の活性化
 第1節 「協育」ネットワークと地域教育の考え方
 第2節 「協育」ネットワーク(地域教育)による地域・行政課題の解決方策
第3章 「協育」ネットワーク事業の推進と社会教育行政
 第1節 これからの「協育」ネットワーク事業の形成・展開
 第2節 「協育」ネットワーク事業の充実・深化を図る社会教育行政

※建議については、以下のPDFファイルをご覧ください。
  「協育」ネットワークの充実を 図るための社会教育行政の推進(建議) [PDFファイル/3.2MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)