ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 社会教育 > 青少年の健全育成 > 子どもの読書活動 > 令和元年度「子ども読書サミット」実施報告(令和2年1月19日開催) 

令和元年度「子ども読書サミット」実施報告(令和2年1月19日開催) 

印刷用ページを表示する掲載日:2020年1月20日更新

1月19日(日曜日)に、大分県立図書館視聴覚ホールで「大分県子ども読書サミット」を開催しました。

午前は「大分県子ども司書」認定をめざす子どもたち代表21名による、読み聞かせやビブリオバトルなどの実演発表、

午後は児童文学作家のいとうみく先生の講演会を開催し、総勢161名の参加がありました。

県内各地の子ども読書に関わる大人と子どもが一堂に会して、読書の楽しさを共有する一日となりました。

司会は7名の「子ども司書」が行い、講師紹介など進行をつとめてくれました。

司会1  司会2

「子ども司書」とは

大分県教育委員会主催の「子ども司書養成講座」を受講する、読書が大好きな子どもたちです。

大分県の子ども読書リーダーとして、学校や地域で読書の楽しさを伝える活動を行っています。

4年目となる令和元年度は、9市町村の小学生68名が受講しています。

(豊後高田市・宇佐市・別府市・国東市・臼杵市・由布市・佐伯市・竹田市・県募集)

 

【第1部】 子ども司書実演発表 

<子ども司書おはなし会>  午前10時20分~午前11時20分

おはなし会では6名の子ども司書が大型絵本などで、読み聞かせをしてくれました。

  別府市1 

  別府市2

 大分市1

 大分市2

別府市子ども司書大分市子ども司書
  由布市

 臼杵市

由布市子ども司書臼杵市子ども司書

 

 <子ども司書ミニビブリオバトル>  午前11時20分~午後0時

ビブリオバトルとは、決められた時間で本の紹介を行う書評ゲームです。

本サミットでは、4名の子ども司書がバトラーとして出場し、100人を超える聴衆の前で、

自分のお気に入りの本の魅力を熱く語りました。

   臼杵市ビブリオ1

 国東市ビブリオ
<臼杵市子ども司書><国東市子ども司書>
別府市ビブリオ臼杵市ビブリオ2
<別府市子ども司書><臼杵市子ども司書>

【第2部】 講演会 午後1時~午後2時15分 

     児童文学作家 いとう みく さん 講演会

      「物語を書くということ」 ~物語の作り方教えます~

最初に、いとう先生が作家になるまでのことをお話いただきました。

また、「物語は作るのではなく、人を描くようにすること」や、作品のヒントになった人など、

先生の著書を具体例にあげながら、物語を書くということについてご講演いただきました。

 講演1  講演2

 講演3  講演4

講演の後には座談会形式のトークタイムも設け、4名の子ども司書だけでなく、会場の方々からも

たくさんの質問が飛び交いました。

 先生を囲んで

 いとう先生を囲んで(子どもたちとの記念撮影)