ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 社会教育 > 青少年の健全育成 > 子どもの読書活動 > 平成30年度「子ども読書サミット」実施報告(平成31年1月27日開催) 

平成30年度「子ども読書サミット」実施報告(平成31年1月27日開催) 

印刷用ページを表示する掲載日:2019年1月29日更新

平成31年1月27日(日曜日)、第3回「子ども読書サミット」を開催しました。

午前は、県教育委員会認定の子ども読書リーダーである「大分県子ども司書」による読み聞かせやビブリオバトルなどの実演発表、午後は児童文学作家のはやみねかおる先生の講演会を開催し、総勢218名の参加がありました。

県内各地の子ども読書に関わる大人と子どもが一堂に会して、読書の楽しさを共有する一日となりました。

当日は、9名の「子ども司書」が司会・進行を行い、サミットを盛り上げました。

司会1 司会2

たくさんの参加者を前に司会をする子ども司書たち。講演会の講師紹介や謝辞も子ども司書が行いました。

「子ども司書」とは

大分県教育委員会主催の「子ども司書養成講座」を受講する、読書が大好きな子どもたちです。

大分県の子ども読書リーダーとして、学校や地域で読書の楽しさを伝える活動を行っています。

3年目となる平成30年度は、12市町村の小学生99名が受講しています。

(豊後高田市・宇佐市・別府市・国東市・日出町・大分市・臼杵市・津久見市・由布市・佐伯市・竹田市・豊後大野市)

 

【第1部】 子ども司書実演発表 

子ども司書の代表20名が、日頃の活動の成果として、読み聞かせやビブリオバトルなど、工夫を凝らした実演発表を行いました。

<子ども司書おはなし会>  午前10時30分~午前11時20分

別府市日出町

<別府市子ども司書>            

<日出町子ども司書>

竹田市豊後大野市
<竹田市子ども司書>

<豊後大野市子ども司書>

 <子ども司書ミニビブリオバトル>  午前11時20分~午後0時20分

ビブリオバトルとは、決められた時間で本の紹介を行う書評ゲームです。

本サミットでは、6名の子ども司書がバトラーとして出場し、200人を超える聴衆の前で、熱く本の魅力を語りました。

豊後高田市由布市
<豊後高田市子ども司書>) <由布市子ども司書>
佐伯市臼杵市
<佐伯市子ども司書><臼杵市子ども司書>
豊後大野市佐伯市
<豊後大野市子ども司書> <佐伯市子ども司書> 

【第2部】 講演会 午後1時30分~午後3時 

     児童文学作家 はやみね かおる さん 講演会

      「もっとドキドキワクワクを!」 ~ミステリーの楽しみ方教えます~

はやみね先生の著作のような、トリックやユーモアが盛りだくさんなお話に、会場には驚きと笑いが絶えず、まさに演題どおりの「ドキドキワクワク」な講演会でした。

大人も子供も本の魅力に引き込まれ、読書への興味・関心が高まる機会となりました。  

講演会3 講演会2

講演会4 講演会4

全体写真

はやみね先生を囲んで(会場の子どもたちとの記念撮影)