ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大分県の統計 > 経済波及効果分析ツールの紹介

経済波及効果分析ツールの紹介

印刷用ページを表示する掲載日:2010年3月30日更新

平成17年大分県産業連関表 経済波及効果分析ツール

 ここでは、平成17年大分県産業連関表を利用して、大分県内の経済波及効果を簡易に分析できるツールを提供しています。部門別需要額等、必要な係数を入力すれば経済波及効果が出力されるシステムです。皆さんによる活用をお願いします。

産業連関表とは

 産業連関表は、生産活動で生じる財・サービスの取引関係を一覧表にしたものです。一般的な活用方法として、産業連関表から経済の構造を把握するだけではなく、各種係数表を用いて、新たな消費や投資が生み出す経済波及効果の分析が広く行われています。

経済波及効果とは

 経済波及効果とは、イベントの開催や大型投資等によって新たに生み出された需要が直接誘発する生産とともに、その生産活動を通じて他の産業にも波及して誘発される生産のことをいいます。経済波及効果は一般的に3つに分けられます。

・ 直接効果
  消費や投資などの初期需要額の増加によって直接的に誘発される生産額

・ 第1次間接波及効果
  直接効果で必要とされる財貨・サービスが生産されるときに必要となる原材料等の購入によって誘発される生産額

・ 第2次間接波及効果
  直接効果や第1次間接波及効果によって生じた雇用者所得が消費にまわることで生じる需要の増加によって誘発される生産額

利用の際の注意事項

  • 分析ツールを使用する際には、ダウンロードしてご使用ください。
  • 分析ツールを利用した結果を公表・発表された場合は大分県企画振興部統計調査課統計分析班までご連絡ください。
  • 分析ツールは産業連関表の利用方法を例示したに過ぎず、分析ツールによる結果を大分県が保証するものではありません。
  • 分析方法の見直し等により、分析ツールを予告なしに変更する場合があります。
  • 分析ツールに関する問い合わせは下記までお願いします。

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください