ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 環境保全活動から地域を元気に! > 打ち水をして気温をはかろう

打ち水をして気温をはかろう

印刷用ページを表示する掲載日:2010年9月1日更新

 打ち水をすると、回りの気温が2℃くらい下がると言われているよ。
 工夫して打ち水をすれば、もっと下がるかも・・!?
 打ち水をしたら、ぜひ、気温をはかってみよう!
 ただし、気温にも正しいはかりかたがあるから、ここできちんと勉強しておこう。
 例えば、今日の気温は、○○度って言うけど、どこの温度のことか分かるかな?

気温をはかろう

 日なたは暑い。木陰は涼しい。同じところでも、地面に近いところは暑くて、高くなると涼しいよ。
 色々な温度があって、どれが正しいか分からないよね。
 だから、正しい気温を測るためには、

  ・ 直接日のあたらないところ

  ・ 風通しのよいところ

  ・ 地上からある程度の高さにあるところ(1.2~1.5m)

 で測るのがいいよ。

百葉箱

学校においてある百葉箱は、正しい気温を測るため、色々な工夫がしてあるよ。

 ・色・・・白いので日光などの熱線を反射する。
 ・扉の位置・・北向き。 開けたときに日光がはいらない。
 ・高さ・・・1.5mくらい。
 ・風通し・・・「よろい戸」がついている。

  など・・

 先生と一緒に覗いてみてね。


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください