ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 観光・地域振興課 > 通訳案内士登録申請について

通訳案内士登録申請について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年9月11日更新

1 通訳案内士の登録制度について

 通訳案内士業を営もうとする方は、通訳案内士試験に合格したのち、自らが居住する都道府県に通訳案内士として登録する必要があります。大分県内に在住の方は、大分県観光・地域振興課に登録申請をしてください。

2 申請様式

 ・通訳案内士登録申請書 [Wordファイル/33KB]

 ・登録事項変更届出書 [Wordファイル/31KB]

 ・登録証再交付申請書 [Wordファイル/29KB]

 ・登録証再交付申請書(免許証からの引換交付を希望する方) [Wordファイル/29KB]

 ・登録抹消事由届出書 [Wordファイル/32KB]

 ・健康診断書(参考様式) [Excelファイル/28KB]

 ・誓約書 [Wordファイル/24KB]

3 通訳案内士登録申請書類一覧

※日本国内に住所を有していない方(非居住者の方)は、代理人の住所地の都道府県に登録申請を行うことになります。下記の他に必要な書類等がありますので、担当窓口にお問い合わせください。

必要書類新規変更再交付抹消備考
1. 申請様式(上記参照)上記様式参照(申請は当該様式のみ)
2. 健康診断書(日本の医師法による医師免許のある医師による診断書)参考様式(上記参照)以外の任意の様式でもかまいません。 必要な記載事項等は上記様式を参照してください。
3. 合格証書の原本及び合格証書の写し受付時に原本と写しを照合後、原本はその場でお返しいたします。
4. 履歴書

様式は任意で、市販のものでもかまいません。

5. 写真(2枚)

・最近6ヶ月以内に撮影のもの。
・大きさ 縦3.0cm、横2.5cm。裏面に氏名を記入して下さい。

6. 誓約書上記様式参照
7. 登録証○ 平成18年3月31日までに交付された「通訳案内士免許証」も「登録証」とみなされます。
8. 登録事項の変更が行われたことを証す書面住民票、運転免許証等
9. 登録抹消事由を証する書面死亡した場合及び一年以上の懲役又は禁錮の刑に処された場合等
10. 大分県収入証紙5,100円4,000円4,000円

県庁舎本館1階購買部、各振興局、各土木事務所、各県税事務所にて取り扱っています。

11. 本人確認運転免許証・パスポート等

4 通訳案内士登録申請

1.上記の申請書類をご確認のうえ、必要書類を申請先へ持参して下さい。
2.本人が申請先へ来庁して下さい。

5 登録事項変更届出申請

すでに登録を受けている方で、以下に該当する場合は、登録事項変更の届けをして下さい。
 (1)すでに登録を受けた方で、その内容の変更があった場合(住所や氏名等)
 (2)県外から大分県に転入された方

6 登録証再交付申請

すでに登録を受けている方で、以下に該当する場合は、登録証の再交付申請をして下さい。
 (1)登録証を紛失・毀損した場合
 (2)平成18年3月31日以前に交付した免許証を現在の登録証に変更したい方

7 登録抹消申請

通訳案内業を廃業したり、法律に違反し処分を受けたり、本人が死亡した場合は、登録抹消の届けをして下さい。

8 登録に要する期間について

登録証については申請より概ね2週間程度で郵送でのお渡しになります。

 ※担当者が、会議や出張などで不在になる場合がありますので、申請に来られる日時を事前にご連絡いただきますよう、よろしくお願いいたします。

※郵送による申請は受け付けておりません。

9 お知らせ

観光庁より、平成29年8月21日付けで、通訳案内士による信用失墜行為の防止について通知が出されています。かかる行為を行うことのないよう 、留意願います。

○通訳案内士による信用失墜行為の防止について

平成29年8月21日付け観観資第169号 [PDFファイル/107KB]

《参考資料》

通訳案内士法・道路運送法 [PDFファイル/46KB]


シンフロについてはここをクリックしてください