ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 地域活力応援室 > 大分県内市町村の空き家対策の取り組みについて

大分県内市町村の空き家対策の取り組みについて

印刷用ページを表示する掲載日:2017年10月25日更新

大分県内市町村の空き家対策の取組に関する紹介です。

1 県内市町村の補助金事業(活用・除却)の紹介

空き家を移住者が改修等して活用する場合には、市町村の補助金があります。

※県外からの移住者分に限り、県から市町村へ財政支援を行っています(移住者居住支援事業)

また、危険な空き家の除却に対する費用の補助を行っている市町村もあります。

各市町村の詳細な情報は、下記PDFをご覧ください。 

空き家に関する補助金(H29.10.1時点) [PDFファイル/232KB]

 活用  除却

2 被相続人居住用家屋等確認書(3,000万円特別控除)について

 相続時から3年を経過する日の属する年の12月31日までに、被相続人の居住の用に供していた家屋を相続した相続人が、当該家屋(耐震性のない場合は耐震リフォームをしたものに限り、その敷地を含む。)又は取壊し後の土地を譲渡した場合には、当該家屋又は土地の譲渡所得から3,000万円を特別控除します。

 国土交通省 外部リンク:空き家の発生を抑制するための特例措置

 上記の特別控除を受けるには、各市町村の確認書が必要となります。詳細については、下記PDFにある担当課へ連絡してください。

 県内市町村の「被相続人居住用家屋等確認書」の担当課・連絡先 [PDFファイル/35KB]


シンフロについてはここをクリックしてください