ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 交通政策課 > マンダリン航空・大分~台中(台湾)線の定期チャーター便の運航期間の延長について

マンダリン航空・大分~台中(台湾)線の定期チャーター便の運航期間の延長について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年3月6日更新

大分県では、大分空港の国際路線の充実に向け、台湾(台中)からの航空便の誘致に取り組んできました。

昨年9月から台湾のマンダリン航空により運航されている大分~台中線が、本年3月26日からの夏ダイヤでも引き続き運航されることになりました。

大分空港から出発する台中便は、台中空港での入国審査にかかる時間も比較的短く、ストレスフリーで台湾に到着できます。便利で快適な大分~台中のチャーター便をぜひご利用ください。

【チャーター便の概要】

<運航期間>平成29年3月26日(日曜日)~平成29年10月26日(木曜日)

<運航区間>大分⇔台中

<運航曜日>日・木曜日

<運航会社>マンダリン航空(日本側の窓口はチャイナエアライン)

<使用機材・座席数>エンブラエル190 104席

【運航時刻】 ※夏ダイヤの運航時間は申請中のもので変更の可能性があります。

<3月26日~10月26日>木曜日■台中発10時30分→大分着13時55分 ■大分発14時55分→台中着16時20分

                   日曜日■台中発 9時30分→大分着12時55分  ■大分発13時55分→台中着15時20分

                       ※3月26日(日曜日)の運航時間は、夏ダイヤの木曜日と同一の時間で運航します。


ベリーツについてはここをクリックしてください