ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 交通政策課 > 大分県南部圏地域公共交通網形成計画について

大分県南部圏地域公共交通網形成計画について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年9月13日更新

1 趣旨

 自家用車の普及や人口減少に伴い公共交通の利用者が減少するなど、バスをはじめとする公共交通を取り巻く環境は厳しさを増す一方、高齢運転者による交通事故の増加やインバウンド旅行者の増加等を考慮すると、安全・安心でだれもが利用できる公共交通の果たす役割は大きく、都市軸と拠点のネットワークを圏域として確保・維持することは、移動弱者を含むすべての人の移動と、人の活動によって生み出される地方の活力を維持するために必要となっています。
 このため、市町村間をまたいで運行されるバス路線が多く存在する南部圏(佐伯市、津久見市)を対象として、持続可能な公共交通網の構築を目的とした「大分県南部圏地域公共交通網形成計画」を策定しました。 


※「地域公共交通網形成計画」とは、地域における公共交通網を再構築するため、地方公共団体が交通事業者等の地域の関係者と連携し、「地域にとって望ましい公共交通網のすがた」を明らかにすることを目的に策定するマスタープランのこと。

2 計画の内容について

      ・大分県南部圏地域公共交通網形成計画の概要 [PDFファイル/133KB] 

(1)大分県南部圏地域公共交通網形成計画

       ・序論 [PDFファイル/1.01MB]

       ・第1編(その1) [PDFファイル/5.91MB]

       ・第1編(その2) [PDFファイル/7.46MB]

       ・第1編(その3) [PDFファイル/7.96MB]

       ・第2編 [PDFファイル/7.26MB]


シンフロについてはここをクリックしてください