ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 芸術文化スポーツ振興課 > 東京2020オリンピック聖火リレー 大分県実行委員会 聖火ランナー募集について

東京2020オリンピック聖火リレー 大分県実行委員会 聖火ランナー募集について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年7月1日更新
トーチ

【東京2020オリンピック聖火リレー 概要】

 オリンピック聖火は、平和や希望の象徴とされています。ギリシャの古代オリンピアの太陽光から採火されたオリンピック聖火は、オリンピック開催国において、オリンピックムーブメントの最も力強い象徴となり、聖火ランナーが、リレーによりつないでいきます。東京2020聖火リレーのコンセプトは、「Hope Lights Our Way (英語) / 希望の道を、つなごう。(日本語)」です。支えあい、認め合い、高めあう心でつなぐ聖火の光が、新しい時代の日の出となり、人々に希望の道を照らし出します。

【東京2020オリンピック聖火リレー 大分県ルート概要】

■実施日程 : 2020年4月24日(金曜日)~4月25日(土曜日)
■ルートの概要
 大分県の聖火リレーは、日本一の温泉源泉数と湧出量を誇る別府市から出発し、国東半島へ移動した後に県北部を訪れ、日田市で1日目のセレブレーションを実施します。2日目は、童話の里で知られる玖珠町から出発し、由布院や豊肥地区に向かった後に県南部を訪れ、大分市でセレブレーションを実施します。
 主なみどころは、豊後高田市の昭和30年代の町並みを再現した「昭和の町」と呼ばれる地区や、間近で滝を眺めることのできる豊後大野市の原尻の滝、九重連山の壮大な景観を眺めることができる九重“夢”大吊橋、日本古式泳法で有名な臼杵市などです。
■聖火リレールート
1日目(4月24日)
別府市→日出町→杵築市→国東市→姫島村→豊後高田市→宇佐市→中津市→日田市
2日目(4月25日)
玖珠町→九重町→由布市→竹田市→佐伯市→津久見市→臼杵市→豊後大野市→大分市

※実施市町村とその順番は今後変更となる可能性があります

【東京2020オリンピック聖火リレー 聖火ランナー公募概要】

 東京2020オリンピック・パラリンピック聖火リレー 大分県実行委員会(以下「大分県実行委員会」)は、4月24日及び25日に大分県で開催される東京2020オリンピック聖火リレーの聖火ランナーを、以下のとおり募集します。
■募集期間 : 2019年7月1日(月曜日)~8月31日(土曜日)
■公募主体 : 大分県実行委員会
■公募人数 : 22人
■応募方法 : 以下のとおり3つの方法から1つを選んで応募ください。
          (1)当ホームページより応募用紙を印刷していただき、必要事項を記載して郵送により、下記連絡先へ送付
          (2)大分県庁もしくは最寄りの市町村で応募用紙を受け取り、必要事項を記載して郵送により、下記連絡先へ送付
          (3)専用応募フォーム(https://www.egov-oita.pref.oita.jp/SksJuminWeb/EntryForm?id=iEc14xIA)から必要事項を入力して申込

       ※Torchbearer Application Form(https://www.egov-oita.pref.oita.jp/SksJuminWeb/EntryForm?id=Ndb8yvQL) 
          連絡先   東京2020オリンピック・パラリンピック聖火リレー 大分県実行委員会(大分県芸術文化スポーツ振興課内)
                     〒870-8501 大分県大分市大手町3丁目1番1号
                 097-506-2085
               ※応募用紙等は当HP及び県内市町村及び県振興局で受け取れます。
■当選発表 : 2019年12月以降、大分県実行委員会より、当選の速報をご連絡します。その後、東京2020組織委員会から、当選者に対して、正式な
         当選通知をお送りさせて頂き、その通知をもって発表に代えさせていただきます。
       ※ 詳しい走行場所は、2020年2月中旬以降、東京2020組織委員会から当選者にご連絡します。
                ※ なお、落選の場合には、特段連絡はございません。ただし、走行日の2週間前までに欠員が出た場合は、繰り上げ選出される場合
         があります。繰り上げ選出の際は、東京2020組織委員会から当選連絡をいたします。      

【聖火ランナーの基本応募要件】 

聖火ランナーにご応募いただくためには、以下の基本応募要件を満たす必要があります。
・2008年4月1日以前に生まれた方とします。ただし、 2020年3月1日(聖火リレー開始月の初日)時点で、18歳未満の方は保護者の同意が必要です。
・原則として、走行を希望する各都道府県にゆかりがある方(現時点または過去に居住していたことがある方、現時点で所属している職場や学校がある方、家族や親戚が居住している方、過去に活動したことがある方など)とします。
・国籍・性別は問いません。
・自らの意思で火を安全に運ぶことができる方とします。ただし、介添えスタッフ(介添者)のサポートは必要に応じて可能です。
・政治的・宗教的メッセージを伝えることを目的とする方は、聖火ランナーになることはできません。
公職選挙法に規定する公職にある方(国会議員、地方公共団体の議員・首長)、公職の候補者や候補者となろうとする方、政党や政治団体の党首及びこれに準ずる方は、聖火ランナーになることはできません。
宗教家が、宗教上の実績で評価されて聖火ランナーになることはできません。

 【応募にあたっての注意事項】

・聖火ランナーの公募は、各都道府県実行委員会及び東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナー4社(日本コカ・コーラ株式会社、トヨタ自動車株式会社、日本生命保険相互会社、日本電信電話株式会社(NTT))によって、それぞれ実施されます。東京2020組織委員会は公募主体ではなく、東京2020組織委員会への応募は無効となりますので、ご注意ください。
・同一人物が「複数のプレゼンティングパートナーへの応募」または「プレゼンティングパートナー及び都道府県実行委員会への同時応募」をすることは可能ですが、「複数の都道府県実行委員会への応募」はできません。
※ 複数の都道府県実行委員会への応募が判明した場合、これらの応募は無効となり、いずれの都道府県実行委員会においても聖火ランナーとして選定されることはありませんので、ご注意ください。
・1名ごとにご応募ください。複数人が連名で応募することはできません。
申込者自身の自己PRや応募動機の記載と、申込者を聖火ランナーとして推薦する方(申込者との関係性を問いません。家族・友人など親しい関係の方でも可能です。)からの推薦理由の記載が必要です。
・落選された方への落選通知は行いません。
・当選、落選の理由は、開示されません。理由についてご照会いただいても、お答えすることはできませんのであらかじめご了承ください。
・応募用紙の記載に虚偽・不正がある場合は、応募は無効とさせていただきます。

詳細は別添の【東京2020オリンピック・パラリンピック聖火リレー 大分県実行委員会 聖火ランナー募集要項】をご覧ください。


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください