ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 税務課 > 自動車税納税証明書の提示が省略できるようになりました

自動車税納税証明書の提示が省略できるようになりました

印刷用ページを表示する掲載日:2016年1月19日更新

平成27年4月から、車検時に、自動車税納税証明書の提示が省略できるようになりました。

 平成27年4月から,国土交通省(運輸支局等)と大分県のシステム連携により、自動車税の納付確認が電子化されました。
 これにより、車検等(継続検査及び構造等変更検査)を受ける時に必要となる納税証明書の提示を省略できるようになりました。
 また、これまで納税証明書を紛失した場合に必要だった納税証明書の再交付手続きも不要となりました。

  • 納税証明書の提示が省略できるのは,自動車税の未納(延滞金を含む。)がない場合に限ります。
  • 軽自動車・二輪は、これまでどおり市町村が発行する軽自動車税の納税証明書の提示が必要です。

詳しくは、こちらのチラシ[PDFファイル/216KB]をご覧ください。

ご注意ください

次に該当する方は、納税証明書の提示が必要です。

  • 自動車税を納付後、直ぐに車検等を受ける方
     自動車税の納付方法によっては、納付情報が大分県のシステムに反映されるまでに最大4週間程度の日数が必要となります。
    自動車税を納付後すぐに車検等を受ける方は、金融機関の窓口やコンビニ等でお支払いただき、納税通知書に添付の納税証明書をご提示ください。
  • 軽自動車、小型二輪自動車の車検等を受ける方
  • 大分ナンバー以外の方(年度途中に引っ越し等で大分ナンバーに変更した方も含みます。)
    一部の府県では、納付確認が電子化される時期が異なるため、納税証明書の提示が必要となる場合があります。大分ナンバー以外の方は該当の府県にお問い合わせください。

納税証明書自動発行機の運用を3月末で終了します。

 車検時における自動車税の納税確認が電子化されたことに伴い、九州陸運協会大分支部(陸運会館1階)、佐伯県税事務所、日田県税事務所および中津県税事務所に設置している自動車税納税証明書(継続検査用)自動発行機の運用を、平成28年3月末で終了します
 納税証明書の発行を希望される方は、最寄りの県税事務所または大分県税事務所自動車税管理室へお問い合わせください。


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください